おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

本土と大島を繋ぐ架け橋

気仙沼大島大橋

本州と気仙沼大島を結ぶ橋として,平成31年の春に完成した気仙沼大島大橋。鶴亀大橋の愛称でよばれるこの橋は,全国でも珍しい大型のアーチ橋です。橋の長さ(アーチ支間長)は297mと東日本で1番。全国でも,愛媛の大三島橋とならび3番目の長さを誇ります。
平成29年3月には大型のクレーン船により架橋の設置工事が進められ,29日には中央部2700トンの橋げたを大型クレーンで吊り下げ,湾内を移動し設置作業が行われました。その模様は,NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」でも取り上げられるなど,現在では気仙沼湾の新たなランドマークとして,市内のいたるところから望めます。

橋の両端には転回場があるので、車を停めて橋の上を歩いて渡ることができます。大島瀬戸の緑と青のコントラストに映える大島大橋の白いフォルムは、旅の一枚としてつい写真に収めたくなります。

【大島大橋に関するおすすめ記事】

お問い合わせ先
0226-22-4560(気仙沼観光コンベンション協会)
所在地
宮城県気仙沼市三ノ浜~気仙沼市磯草
駐車場情報
転回場(12台駐車可)をご利用ください