おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

行こう!朝ドラの舞台地へ

気仙沼に“おかえり”!気分晴れ晴れ旅~気仙沼編 ~

この冬は、朝ドラ舞台のまちへ出かけてみませんか?

港町の活気と豊かな自然美に恵まれた宮城県気仙沼市、
癒しの温泉と音楽あふれる福島県福島市、
海女や琥珀と隠れた名物が話題となった岩手県久慈市。

そんな東北の朝ドラロケ地3市を巡るスタンプラリーが開催決定!
主人公が過ごしたあのスポットで、東北の冬を満喫しよう!

ここでは気仙沼市でのこの冬の様々な楽しみ方をご紹介します!

=====

目次

1.商業施設「ないわん」
2.ヤマヨ食堂
3.気仙沼市復興祈念公園
4.気仙沼氣嵐
5.地酒
6.気仙沼市観光キャラクター「海の子 ホヤぼーや」
7.気仙沼市×久慈市×福島市 3市デジタルラリー開催!

=====

1.商業施設「ないわん」


潮風に包まれて“みなとまち”を散策。

「ないわん」の各施設をつなぐウッドデッキで、海からの爽やかな風を受けながらひと休み。

「迎(ムカエル)」など4つの施設が連なり、海を望むカフェやサメ革グッズを扱う土産ショップなどが揃う商業施設「ないわん」。
ずらっと係留された漁船が並ぶ岸壁など、写真映えスポットもいっぱい!

「ムカエル」の1Fにある「気仙沼シャークス」では、稀少なサメ革を使った財布や名刺入れなどのアイテムを購入できます!

「サメぬいぐるみ大」(3,500円)
「サメ革JAWS小銭入れ」(6,600円)

住所/宮城県気仙沼市南町海岸1-14
電話/0226-48-5091
営業時間/店舗により異なる
定休日/店舗により異なる

2.ヤマヨ食堂


非日常の空間で牡蠣料理を頬張る。

牡蠣養殖業で知られるヤマヨ水産が営む食堂。
大島瀬戸の海原を眼前に眺めながら味わう料理は格別の味わいです!

目の前の海で採れた、プリップリッの牡蠣を召し上がれ!

住所/宮城県気仙沼市亀山8
電話/0226-25-8505
営業時間/11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
定休日/火曜

3.気仙沼市復興祈念公園

復興の歩みに思いを馳せる。

海を見下ろすように佇む復興祈念のシンボル「祈りの帆(セイル)」が象徴的。
大切にしたい追悼の思いがこみ上げます。

住所/宮城県気仙沼市陣山264
電話/0226-22-3401(気仙沼市総務部総務課)
営業時間/24時間
定休日/無休

4.気仙沼氣嵐


幻想的な光景が心を揺さぶる。

気仙沼の冬の風物詩。
立ちこめるもやに朝陽が射す湾内は幻想的。

12月末まで「気嵐&港町ミニツアー」を開催中です。

問い合わせ先/気仙沼市観光協会
電話/0226-22-4560(8:00~17:00、1/1休)

5.地酒


宮城の銘酒を生みだす酒蔵が揃う。

『角星』や『男山本店』といった蔵元で造られる銘酒やクラフトビールなど、おうちでも気仙沼の味を召し上がれ!

6.気仙沼市観光キャラクター「海の子 ホヤぼーや」

15周年を記念した新グッズも登場!

生誕15周年を迎えた“気仙沼の海の王子”ホヤぼーや。
生誕記念デザインの「マルシェバッグ」など、限定品が続々登場!

「ホヤぼーや15周年マルシェバッグ」(2,200円)

========

気仙沼市×久慈市×福島市3市デジタルラリー開催!



・2021年放送「おかえりモネ」
・2020年放送「エール」
・2013年放送「あまちゃん」
のドラマ舞台地になった3市を巡るスタンプラリーを開催!

スマートフォンやタブレット端末でアクセスできるオンラインマップから参加するデジタルスタンプラリーです。
マップには朝ドラゆかりの地や観光案内が満載。
指定されたスポットを周遊すると、抽選でご当地自慢の特産品や銘品が当たります!

期間/2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
抽選応募締切:2023年1月13日(金)

スタンプラリーは一市のみでも参加OK!
周遊エリアが増えるごとに、景品がグレードアップします。

参加方法や応募方法などは下記リンクからチェックしてくださいね♪
詳細はこちらから
※2022年10月28日(金)からサイト公開予定

この冬はぜひ、朝ドラ舞台のまちで、名作の感動を体感してくださいね!

・福島県福島市編はこちらから
・岩手県久慈市編はこちらから