気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館、鶴亀食堂、気仙沼海の市、風待ちエリア、折石・津波岩

東日本大震災を知り、学び、体感するコース

東日本大震災から8年が経った2019年3月10日に開館した気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館は、高校の校舎を利用して造られた、今、もっとも注目を集める震災遺構です。
震災を学ぶ散策コースは、ここからスタートします。
復興途上にある気仙沼市街を巡った後、沿岸部へ行き、津波の威力を物語る景勝地・折石や津波石を見学。宿泊は、唐桑半島にある唐桑御殿つなかんに泊まり、三陸の美しさおいしさを堪能しましょう。

コース内容

(1)気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館
↓車で17分
(2)鶴亀食堂でランチ
↓車で2分
(3)気仙沼 海の市
↓車で3分
(4)風待ちエリア散策
↓車で25分
(5)折石、津波石
↓車で10分
(6)唐桑御殿つなかんに宿泊
まとめ(翌日はビジターセンターやオルレもおすすめ)

(1)気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館


2011年3月11日の東日本大震災の津波で大きな被害を受けた気仙沼向洋高校。
その旧校舎を震災遺構として残し、展示資料や研修会場を備える「伝承館」を併設した施設です。
震災時、津波は校舎の4階にまで達し、建物に甚大な被害をもたらしました。
「このあたりの地域の人は、日頃から防災の意識が高かった。そうしたこともあって大きな災害の中、学校では犠牲者を1人も出さずに済みました」と館長の佐藤克美さん。
建物と共に、そうした人々の行動も後世に残していきたいと佐藤さんは願っています。


入館してからは、最初に伝承館で東日本大震災の当時の様子を映像で見ます。
津波が来襲する映像には、大きな衝撃を受けることでしょう。
その後、校舎内へ移動し被災した建物の姿を見学。柵などは設けられていますが、各教室は漂着した車やがれきなどが当時のまま。
津波被害の恐ろしさを感じずにはいられません。


東日本大震災のことを、さらに詳しく臨場感を持って知りたいという人には「語り部ガイド」もオススメです。
1名から20名まで6000円で受け付けていて、10日前までに事前予約が必要となります。
多くの被害をもたらした東日本大震災の記憶、そして被害をそのまま伝える貴重な施設は、国内はもとより海外からも注目を集め、たくさんの外国人も足を運んでいます。

所要時間
1時間30分
所在地
気仙沼市波路上瀬向9-1
開館時間
9:30~17:00(10~3月は~16:00)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日休)、祝日の翌日(土日、GW期間は除く)、
12月29~1月4日
料金
大人600円、高校生400円、小・中学生300円
問合せ
0226-28-9671
HP
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館

(2)鶴亀食堂


2019年7月に気仙沼魚市場前にオープンしたばかりの「みしおね横丁」。
食堂、銭湯、バー、沖縄料理店など多彩なお店が集まるトレーラーハウスの商店街です。
その一角にあるのが早朝6時より営業する「鶴亀食堂」で、気仙沼の漁師たちの憩いの場になっています。


焼き魚定食<サンマ>

お刺身定食<戻りがつお>

「鶴亀食堂」は、東日本大震災で被害を受けた気仙沼の銭湯「亀の湯」を復活させたいというオーナーの思いがきっかけで始まりました。銭湯と一緒に朝から食事のできる食堂もと、鶴亀食堂と鶴亀の湯を同時にオープン。カウンター席のみの食堂では、漁から戻った漁師たちが店まで届けてくれる新鮮な旬魚を使った焼き魚やお刺身の定食を提供。秋のランチ時に訪れた際には、さんまの塩焼き定食が味わえました。メニューはその日の仕入れで変わるというのも楽しみ!

所要時間
40分
所在地
気仙沼市魚市場前4−5 みしおね横丁内
営業時間
6:00~13:00(秋冬は7:00~)
定休日
不定休(11~6月の営業については要問合せ)
問い合せ
0226-25-8834
HP
鶴亀の湯・鶴亀食堂Facebook

(3) 気仙沼 海の市


気仙沼港に面した海の魅力がぎっしり詰まった観光施設です。グルメ、ショッピングが楽しめるとともに、2階の「シャークミュージアム」では、サメの魅力をさまざまな角度から紹介しています。1階のグルメコーナーには、寿司店、まぐろ専門店、三陸魚介をアレンジした料理が並ぶレストランなどがあり、気仙沼の海の幸を気軽に味わえます。
1階の各鮮魚店では、水揚げされたばかりの魚介を、産地直売価格で購入できるとあって人気。
冷凍魚や水産加工品なども豊富に揃っているのでお土産にもおすすめです。


2階のシャークミュージアム内では、東日本大震災のコーナーもあります。震災被害の状況や気仙沼の復興の今を伝える「震災の記憶ゾーン」、多くの支援者からのメッセージを伝える「絆ゾーン」、そして甚大な被害から復活し活気を取り戻しつつある気仙沼の海を紹介した「海と生きるゾーン」の3つの展示が見られます。
震災の記憶ゾーンでは、行政経験者や避難所管理者、仮設住宅で暮らしていた方々などによる、被災時の経験を試聴できるコーナーを設置。時間は1人あたり2~4分程。生の声を聴ける貴重な展示となっています。

所要時間
60分
所在地
気仙沼市魚市場前7-13
営業時間
8:00~18:00(10~4月は~17:00)
シャークミュージアム 9:00~17:00
定休日
1~6月 不定休(平日)
7~12月 無休
※飲食店の定休日は各店にご確認ください。
問い合せ
0226-24-5755((株)気仙沼産業センター )
入館料
シャークミュージアム 大人500円 小学生200円 未就学児無料
※氷の水族館との共通券あり
HP
気仙沼海の市

(4) 風待ちエリア散策


気仙沼湾最奥部にある内湾地区は、かつて港を出る帆船がこの地で船出に適した風を待つ場所でした。
そうしたことからいつしか「風待ち地区」という呼び名に。
なんとも港町らしい名ですが、東日本大震災で、この地区も大きな被害を受けてしまいました。
しかし、現在、震災当時登録有形文化財であった5棟などが中心になり、修復・再建に取り組み、かつての地区に輝きを取り戻そうとしています。

風待ち地区の代表的な建造物として知られるのが「男山本店」「角星」「武山米店」「三事堂ささ木」「小野健商店」などです。これらは国内外の支援を受けて修復を行なわれ、すでに4施設が再建を終えかつての姿を取り戻しています。気仙沼ならではの風待ち地区をぶらりと散策してみるのもいいですよ。

(5) 巨釜・半造(折石)


狭く複雑に入り組んだ地形のリアス式海岸が広がる気仙沼。
長年の波の浸食によって、奇岩怪石が多く見られますが、なかでもよく知られるのが巨釜・半造にある「折石」です。海中からそびえ立つ高さ16mの大理石の石柱で、1896年の大津波の際に先端が折れてしまったことから折石と呼ばれるようになりました。
津波で折れる前は「天柱岩」と呼ばれていたそう。
また、唐桑町神の倉には、東日本大震災の津波によって打ち上げられた「津波石」が見られます。
大きいものは高さ6mにもなるという大石で、津波の威力を感じられることでしょう。

 

(6) 唐桑御殿つなかん


赤瓦、黒瓦の豪壮な漁師たちの家は「唐桑御殿」と呼ばれ、海の男たちの誇りでもありました。「唐桑御殿つなかん」もそうした家の1つです。東日本大震災で被災し、柱や屋根などを残しほぼ全壊しましたが、なんとか再建し、2012年に民宿を開業。女将の菅野一代さんの人柄に惹かれ、多くの観光客が集まる場になっています。

2階が客室になっていて、和室3室、洋室1室があります。民宿ではありますが、歯ブラシ、シャンプー、タオル、バスタオルなどを完備しています。料理は唐桑ならではの地魚をたっぷり使い、秋冬はカキ鍋やカキフライ、たら鍋など名物料理がいっぱい。また、日本に1台しかないという移動式サウナ「サウナトースター」の常駐している場所が、実はつなかんなのです。口コミでその評判が広まり、最近はサウナファンも訪れる宿になっています。


蔵を改装したスペース

移動式サウナ「サウナトースター」

敷地内には、ツリーハウスやシアターハウスもあります。築100年の建物を船大工が改修したというシアターハウスは、宿泊客が自由に利用可能。シアターハウスの2階には屋根裏部屋風のスペースがあり、そこではボードゲームで遊ぶことができます。「たくさんの人が集まる場所にしたい」そんな女将の思いもあって、おもしろい施設やイベントを次々と手がける唐桑御殿つなかん。その最大の魅力は女将の一代さんの温かな人柄と魅力あふれる笑顔かもしれません。

所在地
気仙沼市唐桑町鮪立81
宿泊料金
1室2名以上 2食付き 9,259円(税抜)、朝食付き 6,482円(税抜)、素泊まり 5,556円(税抜)
HP
唐桑御殿つなかんHP

(7) 翌日も!オススメの過ごし方

宮城オルレ唐桑コース

唐桑半島ビジターセンター・津波体験館

気仙沼に大きな被害をもたらした東日本大震災。
その記憶を後世に残し未来の防災に役立てるべく、多くの人が尽力しています。
そんな気仙沼で震災について学んだ翌日は、津波体験も可能な唐桑ビジターセンターへ足を運んでみるのもいいでしょう。
また、こちらの唐桑ビジターセンターは気仙沼・唐桑をトレッキングする「宮城オルレ 気仙沼・唐桑コース」の拠点になっており、アクティブ派の方はチャレンジしてみるのもオススメです。