仙台から宮古まで高速直結!

【祝】気仙沼湾横断橋が3月6日に開通

お知らせ 2021/02/15

三陸沿岸道路の気仙沼港ICから、浦島大島ICをつなぐ「気仙沼湾横断橋」が2021年3月6日(土)15時30分に開通します!

本開通により、宮城県内で「復興道路」として整備が進められていた延長約126kmが全区間開通。宮城県仙台市と岩手県宮古市が高速道路で直結します。仙台東ICから気仙沼中央ICまでは約1時間35分、気仙沼中央ICから宮古南ICまでは約1時間39分となりました。物流の効率化や交流圏の拡大、救急医療体制の強化などが期待されています。

気仙沼湾横断橋は、その名前通り、気仙沼湾の上を渡るような橋で、全長は1344メートル。同じ形式の橋としては、東北最長となります。

また、橋には公募により「かなえおおはし」という愛称がつけられました。この名前は、気仙沼湾の別名である「鼎が浦」にちなみ、また、夢や希望、願いを「かなえる」という意味も込められています。

※気仙沼湾横断橋の写真は、かとうまさゆき氏の撮影です。

浦島大島IC、気仙沼鹿折ICはいずれも「ハーフ方式」。浦島大島ICは仙台方面のみ、気仙沼鹿折ICでは宮古方面のみ、それぞれ乗り降りできます。唐桑半島ICは接続路の地理的な制約から、出入り口を分離。北側の入り口は上り線のみ、南側の出口は下り線のみ利用できます。

また、2021年3月1日(月)の午後7時に、気仙沼湾横断橋で「ライトアップ点灯」と、「記念花火」が行われます。観覧場所は設けられておりませんので、感染症対策をとりながら、それぞれ思い思いの場所からご覧ください。

▼気仙沼湾横断橋ライトアップ&記念花火
https://kesennuma-kanko.jp/kanaeohashi-rightup/