おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

視察対応プログラム

DMO(持続可能な地域全体のしくみ構築を学ぶ)

未分類 2019/03/01

「ちょいのぞき気仙沼」と称して港町の暮らしや仕事場をコンテンツ化する取り組みや、地元の水産資源であるメカジキを活用したブランド化のなかで新たなご当地グルメの開発などを行ってきました。
最近では、新たに設立した気仙沼観光推進機構の事務局を担いながら実質的な観光戦略の立案とDMOの具現化に取り組んでいます。現在特に力を入れているのは、気仙沼クルーカードの発行によるマーケティングの仕組み構築です。
気仙沼市の市民のほか復興支援者や観光来訪者、さらに市外の地元出身の方などそれぞれの地域にはそれぞれの関わりでその地域と経済的な関係を持っている方々をこのカードを通して会員化することで、その地域全体の顧客リスト化して、新たな顧客囲い込みを行います。また、レジ端末と連動することにより顧客の購買データがすべての地域に貯まるようにすることによって地域で顧客マーケティングができるようにしていくことを目指しています。

一般社団法人気仙沼地域戦略では、視察のお申し込みを受け付けています。

東日本大震災で甚大な被害を受けた気仙沼市。市は「観光業」を水産業に並び、もう一つの基幹産業の柱として位置付けることを決めました。気仙沼ならではの魅力、気仙沼にしかない持ち味を掘り起こし、日本、そして世界中の人たちが訪れたい街をつくりたい。
気仙沼地域戦略は、観光推進機構の一員として、マーケティングの役割を担っています。気仙沼クルーカードの仕組みを生かして、まちの事業者と一緒に地域の魅力を生かした商品を開発・発信することで、まちに人を呼び込む取り組みを続けています。

このプログラムで学べる事

・気仙沼DMO設立背景
・気仙沼DMOの概要(重点テーマと推進体制)
・地域マーケティングの仕組み(クルーカード、マーケティングレポート等)

現地視察の流れ<1泊2日の場合>

1日目

気仙沼到着

正午12時頃に気仙沼へ到着する場合を想定して、現地視察の流れをご紹介します。

視察プログラム

ご希望の日時をお伺いした上で、調整させていただきます。
内容、ご参加人数によって時間・料金が変わります。
以下のプログラムメニューをご参考に、ご希望の日時、内容、ご参加の人数をメールまたはお電話でお問い合わせください。
Zoomなどのオンラインミーティング機能を利用した視察にも対応いたします。

【気仙沼DMO概要把握コース(90分)】
講義内容
・気仙沼DMO設立背景
・気仙沼DMOの概要(重点テーマと推進体制)
・地域マーケティングの仕組み(クルーカード、マーケティングレポート等)
講師:理事・事務局長 小松志大
料金:1~5人まで 30,000円+1名増える毎に3,000円ずつ増(税込)

【実務担当者向けコース(120分・主担当同席)】
内容:標準コースに加えて、各テーマ担当から、取組内容、現状の課題、今後の展開等について現場目線も含め講義、意見交換
講師:理事・事務局長 小松志大、
事務局 マーケティング、プロモーション担当者(1~2名)
料金:1~5人まで 50,000円+1名増える毎に3,000円ずつ増(税込)

【民間事業者向けコース(120分・事業者理事同席)】
内容:標準コースに加えて、事業者である理事から、取組内容、現状の課題、今後の展開等について事業者目線も含め講義、意見交換
講師:理事・事務局長 小松志大、
理事 小野寺雄志、小野寺靖忠、齊藤道有、廣野一誠(うち、1~2名)
料金:1~5人まで 50,000円+1名増える毎に3,000円ずつ増(税込)

【意思決定者向けコース(140分)】
内容:標準コースに加え、観光推進機構の幹事である理事長から、取組内容、現状の課題、今後の展開等について意思決定者目線も含め講義、意見交換
特に、地域マネジメントの仕組み(地域コンセンサス、意思決定方法等)について説明
講師:理事長 菅原昭彦
理事・事務局長 小松志大
料金:1~5名まで100,000円 1名増える毎に5,000円ずつ増(税込)

【気仙沼DMO全体把握コース(140分)】
内容:標準コースに加え、気仙沼観光推進機構アドバイザーの山田桂一郎氏から、全国または海外の事例と照らし合わせた気仙沼地域の取り組み内容、現状の課題、今後の展開等について講義、意見交換
講師:気仙沼地域戦略アドバイザー 山田桂一郎氏(NPO法人コンパス代表、JTIC.SWISS代表、観光カリスマ(内閣府・国土交通省・農林水産省認定))
理事・事務局長 小松志大
料金:1~5名まで200,000円 1名増える毎に10,000円ずつ増(税込)

※いずれのコース料金にも教材が含まれます。

海の幸と地酒のペアリングディナー

「KESENNUMA BREWER’S TABLE(気仙沼ブリュワーズテーブル)」は、酒の作り手の想いやこだわりを知り、気仙沼の旬の食材を使ったこだわりの逸品と、蔵人が料理との相性を考え選んだ日本酒を味わうペアリングディナーです。 穏やかな気仙沼湾を眺めながら、この土地の歴史や文化を「食」を通じて体感いただけます。

レストラン「nineone」と気仙沼の酒蔵「男山本店」がコラボレーションした、洋食×日本酒のディナーと、和食店「四季燦々 鳴月」と気仙沼の酒蔵「角星」がコラボレーションした和食×日本酒のディナーのいずれかをお選びいただきます。
※申込日が店舗定休日に重なった場合は、ご希望に添えない場合がございます。

気仙沼ブリュワーズテーブル(洋食)

料金
スタンダードプラン(店舗見学・ディナー)12,000円/人
時間
17:00~19:30
宿泊は市内のクルーシップ加盟の宿へ

気仙沼クルーシップに加盟する9つの宿泊施設では、宿泊料金のお支払いの際にクルーポイントを付与・ご利用いただけます。
宿へ直接インターネットまたはお電話でご予約ください。
※じゃらん、楽天トラベルなどのオンライントラベル経由でのお支払には、クルーポイント付与対象となりませんのでご注意ください。
気仙沼プラザホテル
サンマリン気仙沼 ホテル観洋
ホテル一景閣
網元の宿 磯村
気仙沼パークホテル
割烹旅館 大鍋屋
セントラルホテル松軒
唐桑御殿つなかん
旅館 明海荘

2日目

歩こう!朝の魚市場

気仙沼市の産業の起点とも言える魚市場は、地域を知るにはぜひともご覧いただきたい場所です。
朝の爽やかな空気を吸いながらガイドと一緒に魚市場を歩きませんか?
年間を通じて気仙沼市魚市場に水揚げされるカツオ、メカジキやマグロなど、様々な魚を見る事ができます。
また、新魚市場の水産情報等発信施設も見学。気仙沼の漁業を分かりやすくお話しします!

※魚市場休場日は水揚げをご覧いただけません。気仙沼魚市場カレンダーはこちら

画像クリックでプログラム詳細ページへ遷移します

料金
1,500円/人 お土産つき
時間
7:00~8:15
朝食

宿泊施設に戻って朝食

魚市場すぐ近く、みしおね横丁のお店「鶴亀食堂」もオススメ!

旬の魚をたっぷり使ったメニューが並び、漁師さんが持ってきてくれた魚がその日のメニューになることも。水揚げの多い夏場はカウンターに漁師さんが多く訪れます。
港の雰囲気がたっぷり味わえます。
鶴亀食堂

ご希望に応じてオプションメニューをお選びいただけます

市内事業者訪問・マーケティングの取り組みを体感

市内のクルーシップ加盟店を訪問し、実際に買い物することで顧客データベースの取り組みについて理解を深めることができます。

牡蠣漁師とめぐる海と山の恵み 乗船体験・ランチ付き

晩秋から春にかけて旬を迎える気仙沼の牡蠣がどのように育てられ、わたしたちの食卓へ届くのか、五感を使って体験することができます。
案内するのは、この地で養殖業を営む漁師の皆さん。三陸の海の恵みをたっぷり蓄えた牡蠣が育つ漁場に浮かぶ筏を巡ります。
牡蠣漁師さん直営「ヤマヨ食堂」にて、かき尽くしのランチもお楽しみください♪「おかえりモネ」撮影のこぼれ話も飛び出すかもしれません。

料金
大人8,800円/人 小学生7,000円/人 ランチつき
所要時間
約120分
申込締切
2週間前
定員
12名(最少実施人数 4名)
時間
集合12:30 解散14:30 (開催時間については調整可能です。申込時にご相談ください。)

【視察を希望されるお客様へのお願い】
視察受け入れにつきましては現在多くの団体様からお申込みを頂いており、そのすべてに対応できない場合がございますので、予めご了承お願いいたします。

お問合せ先
(一社)気仙沼市観光協会
Tel:0226-22-4560
Mail:k-kanko@k-macs.ne.jp
所在地
宮城県気仙沼市魚市場前7-13 気仙沼「海の市」2階
その他・研修プログラムについて

【地域おこし協力隊研修プログラム(1日)】
内容:講義形式での座学3時間、フィールドワーク4時間
講師:理事・事務局長 小松志大
事務局 マーケティング、プロモーション担当者(1~2名)
料金:1~5人まで 100,000円~ +1名増える毎に5,000円ずつ増(税込)
※体験費用は別途かかります
プログラム内容はご相談に応じます。講師を増やす場合は追加料金がかかります。

お問合せ先
(一社)気仙沼地域戦略
Tel:0226-25-7115
Mail:info@k-ships.com
所在地
宮城県気仙沼市魚市場前7-13 気仙沼「海の市」3階