氷の水族館

一歩足を踏み入れると,そこはマイナス20度の世界。イルミネーションやプロジェクションマッピングで照らされた,くっきり透明な氷のなかには,カツオやサンマ,マダコ,カサゴなどたくさんの魚の姿が。
鮮魚の流通に欠かせない氷。水産都市気仙沼の高度な製氷技術を駆使し,一週間かけて凍結させた透明な氷のなかには,気仙沼港に水揚げされる80種類・450匹の魚が展示されています。場内では三陸の海をテーマにしたプロジェクションマッピングが上映され,まるで自分が海の中にいる気分に。さらには,ホヤぼーやなどの氷彫刻が展示されています!
防寒具を着て入るマイナス20度の世界,ぜひ体験しに来てください!!