男山本店店舗が再建しました

気仙沼の酒蔵の一つ「男山本店」の、国登録有形文化財「男山本店店舗」が再建しました!
旧店舗は、東日本大震災の津波で流出し、3階建ての3階部分の外壁と屋根だけが残されました。昭和5年に建築された店舗は、西洋風建築の意匠が施された特徴的な外観で、港町のランドマークとなっていました。そこで、気仙沼の歴史的建造物の保存運動団体である「気仙沼風待ち復興検討会」の協力を得ながら、残った建築材料を利用し、復元したそうです。


2階は会議などを行うスペース、3階は展示ギャラリーとして、「男山本店店舗再建のあゆみ」や「風待ち地区」のことなどが紹介されていました。3階にある天井や照明、建具など、一部は以前のものだそうです。

1階は酒類を販売する店舗となっており、再建された男山本店店舗が描かれた限定ラベルのお酒も販売されていました。
こちらのお酒は、オープン記念で数量限定(無くなり次第終了)です。

▲人気の「蒼天伝」もずらっと並んでいます。
▲シンプルなパッケージデザインが目を引く「美禄」シリーズ

男山本店店舗の再建は、街の復興がまた一歩進んだことを知らせる、嬉しいニュースでした。
観光で訪れたかたもぜひ立ち寄ってみてください。

「風待ち地区」のその他の建物

武山米店店舗

角星店舗

三事堂ささき店舗

小野健商店土蔵

気仙沼風待ち復興検討会
http://kazamachi.jp/