「おかえりモネ」が楽しみすぎる放送開始待ちきれない日記。

朝の連続テレビ小説・気仙沼が舞台に決定!

おすすめ 2020/06/11

暗いニュースが続く昨今ですが、5月末のある日、気仙沼市内が大いに沸き立つニュースが飛び込んできました。

「NHKの朝の連続テレビ小説 舞台は気仙沼!」

え? 朝の連続テレビ小説って、いわゆる朝ドラ?

「あまちゃん」とか「おしん」のような、国民的ドラマであり朝ドラヒロインは人気女優の登竜門的な存在である、あの、朝ドラ?

その舞台がなんと気仙沼に!!!

じぇじぇじぇ~!いや、ばばばばば~!(意味は同じです。)

と、いうことで、気仙沼市内は、現在大盛り上がりです!

ストーリーを簡単に説明すると、気仙沼湾沖の島出身の少女が、気仙沼を離れ、登米や東京で成長し、気象予報士となって、気仙沼に帰ってくるという展開だそうです。

先ほど「舞台は気仙沼」と申しましたが……すみません、気仙沼だけでなく、登米や東京も舞台となります。ついつい「気仙沼が!」と言いたくて、少し話を盛ってしまいました。登米が舞台と言うのも初めてのことなので、同じ宮城県として、嬉しいんですよ!でもやっぱり、気仙沼という名前が出てきたのが嬉しすぎたのです…どうかご勘弁ください。

盛り上がった市民のあいだでは「もしかして私が出んだべが?」「方言指導は誰がやる?おらだべか?」といった声も飛び交っております。

朝ドラで見慣れた気仙沼の景色や言葉が出てきたら、その日は嬉しすぎてその話ばかりしてしまいそうです。

そして今回朝ドラヒロインとなるのは清原果耶(きよはらかや)さん!

ご覧ください、この新聞にも掲載されている清原さんの宣材写真の透明感。どこから見てもかわいいでしょう? 清原さんにお会いしたことなんてないのですが、私たち、もう彼女がヒロインと決まった時点で彼女を「うちの子」「気仙沼の子」扱いしています。なんならちょっと自慢してるくらいです。

そんな浮き足立った気仙沼から、放送が待ちきれない今の心境を、新情報とともにこちらのサイトで綴っていきたいと思います。

最後に大事なことをもう一度言わせてください。

「おかえりモネ」放送開始が楽しみすぎる!

#おかえりモネが楽しみすぎる
#おかえりモネ
#朝の連続テレビ小説
#モネ絵

(文・イラスト/サユミ)

これまでのモネ日記

「おかえりモネ」が楽しみすぎる

透明すぎるヒロインが楽しみすぎる
待ちきれない人々のフライングモネ