おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

おかえりモネで気仙沼を盛り上げるみなさんをご紹介します!

団員No.5 一口食べれば口の中がゆず祭り!大島ゆずショコラ

みなさんこんにちは♪
「おかえりモネで盛り上げ応援団」団長のまりかです。

突然ですが皆さんはゆず、好きですか?気仙沼の特産品のひとつに大島で採れるゆずがあります。
現在は、もう少し北の岩手県に移りましたが、かつては「北限のゆず」と呼ばれる産地でした。
大島では、ゆずを使ったケーキやジャム、ゆず茶などが楽しめるカフェがあるなど、今もなお地元から愛され続けている特産品です。

今回はそのゆずに関する盛り上がりを取材しに伺いました。


団員No.5

  御菓子司いさみや 店長 畠山 憲之さん(写真右)
一口食べれば口の中がゆず祭り!ゆずショコラ

今回お邪魔したのは気仙沼の本吉町にある昭和22年創業の和菓子屋・御菓子司いさみやさん!

看板商品の「名代大島まんぢゅう」を始め、ホヤぼーやモナカなど、店内にはどれも美味しそうな和菓子がずらり。思わず「これ、全部ください!」と言いたくなってしまいます笑
その中で、今回のおかえりモネの放送に合わせて、新たに開発された商品がこちら!

▲その名も…ゆずショコラ!

市内の8店舗のお菓子屋さん、東京のプロのパティシエとデザイナーがタッグを組んで生み出された商品。柑橘類×チョコレートの組み合わせは美味しいこと間違いなし!ですが、こちらは更に一工夫。ゆずピューレを練り込んだ生地と程よい甘さのチョコレート生地をしっとりと焼き上げ、風味と食感の違いが楽しめる2層のケーキとなっています。
一口食べると、鼻から抜けるゆずの爽やかな香りをしっかりと感じられますよ。

実はこちら昨年の9月頃から商品開発がスタートしたとのこと。そこから話し合いや改良を重ね、6月の中旬から発売を開始したそうです。「和洋様々な8つの店舗で意見を出し合い、これが1番だというレシピで作りました」と、畠山さん。
箱は果物が箱詰めされている段ボールをイメージしたそう。産地直送のフレッシュなフルーツ、という感じがしますよね。そして何よりころんとした形がとても可愛いらしい!日持ちも約1ヶ月ほどするため、お土産にも最適です♪

こちらは市内8店舗のお菓子屋さんと、道の駅大谷海岸などの観光商業施設等で販売されています!

【市内8店舗一覧】
・菓心 富月
・菓子舗 うつみ(本店、海の市店)
・たかはし製菓
・亀の子もなか本舗 紅梅(魚町本店、田中店)
・ガトーしらいし
・コヤマ菓子店
・ル・デパール
・御菓子司 いさみや

畠山さんによると「レシピは一緒ですが、作り手によって少し焼き加減などに違いがあるかもしれません」とのことです。お好みのゆずショコラを探しにお菓子屋さん巡りもいいかもしれません。各店舗の看板商品と一緒にぜひ味わってみて欲しいです♪

取材にご協力いただきありがとうございました!


御菓子司 いさみや
住所:宮城県気仙沼市本吉町津谷舘岡12-3
営業時間:9:00~18:30(日曜18:00)
お問合せ:0226−42−3056


このコーナーでは、おかえりモネで気仙沼を盛り上げている方の情報をまだまだ募集しています!
あなたの身近な「盛り上げ応援団」の情報がありましたら、ぜひ気仙沼市役所観光課までお知らせください♪

■お問い合わせ先
気仙沼市役所産業部観光課
TEL 0226-22-3438

  • お便りコーナー
  • モネ日記
  • お天気クイズ!
  • 盛り上げ隊
  • なないろ探検隊
  • 教えて〇〇先生
お試し移住あります MINATO
気仙沼プライド