煙雲館

仙台藩御一家筆頭鮎貝家の庭園で、江戸時代初期の寛文年間、仙台藩茶道頭の石州流二代目清水動閑の作庭と伝えられています。当地の景勝地である岩井崎と大島を借景とした回遊式池泉庭園は、大崎市岩出山の有備舘庭園と並び称される名園。日本でも珍しいシダレイトスギをはじめ、ドウダンツツジの大株、サザンカ、ビワ、マツなど数多くの樹木が見られ、四季折々に異なる表情を見せます。煙雲館(鮎貝邸)は国文学者・歌人の落合(鮎貝)直文の生家でもあります。
※見学は事前に連絡が必要。

お問い合わせ先
0226-22-1318(鮎貝文子(館主))
所在地
宮城県気仙沼市松崎片浜197
営業時間
9:00~16:00
不定休
料金
無料
駐車場情報
10台