All posts by 和絵

この記事を書いた人
和絵
和絵
和絵と申します。気仙沼で「町の薬屋さん」をやっています。気仙沼には、なんといっても素晴らしい魚介がたくさん!鮮度も栄養素も申し分なし!気仙沼の魚介類、特産品の栄養素の素晴らしさについて語ってみたい。そんな野望を持っています。趣味は気仙沼自慢と、美味しくサンマを焼くこと。来年のNHKの朝ドラ「おかえりモネ」をとっても楽しみにしています♬
「節分とマメ」のおはなし。

みなさんこんにちは。市民ライターの和絵です!
今回のテーマは「節分」。節分と聞いて思い出すもの、考えるもの。まずは「鬼を追い払って新年を迎える行事」というイメージですね。季節の変わり目の前日が節分なので、厳密には年4回の節分があるらしいですが、一般的には、二十四節気においての新年=立春、の前日を「節分」と言っています。

豆まきは、大豆?それとも落花生?


節分といえば、欠かせないのは「豆まき」ですよね。
「鬼は~外。福は~内。」と、節分の夜に、豆をまいて、鬼(邪気)を払い場を清め、清々しい気持ちで新年を迎えよう、と、古代から受け継がれてきた行事。

地方によっては、鰯の頭やひいらぎを玄関に飾る、というところもあるそうで。いずれも、鬼(悪霊・邪気)を寄せ付けないためのもの、だとか。
ああ、節々の行事。日本人に生まれて良かった。などと思う1月。今年は、鬼だけじゃなく、疫病も退治したい。退散してほしい。そんな気持ちを込めて豆をしっかり撒きたいもの。

もうこの時期になると、スーパーの入り口には、節分コーナーが用意されています。
今年も、どどーん、と並んでおります。落花生。

……そうなんです。気仙沼では、わたくしのリサーチ、及び我が家でも、節分の豆まきと言えば「落花生」。殻付きのピーナッツ。これが主流(たぶん)。
え?これですよね?スーパーの売り場でもこれがメインです。売り場をよく見ると、豆菓子とか、甘納豆なんかもいろいろ売っていて。で、よーく見ると、ほんの少しですが、大豆も売っていたりはするのですが。

私が子供の頃の豆まきと言えば、落花生だけでなく、チョコレートやキャンディー、甘納豆など、いろんなお菓子をミックスしたものを用意して。
「鬼はー外!」←落花生を外に勢いよく
「福はー内」←子供たち、落花生とお菓子拾う。(お菓子多め。)
というイベントでした。
神聖なるもの、というよりは、家族団らんの楽しいイベント、といった風情。
でも、ある時に気づいたのです。それは、テレビのニュース映像で見る、東京近辺の有名な寺社で行われる節分豆まき会。お相撲さんや芸能人。有名な方々が、カッチョいい裃をつけて豆まきをしている映像。

……落花生じゃない!

大豆なのか……大豆が正式なのか……と、軽いカルチャーショックでした。(それだけ落花生が馴染んでいたのです。)

調べてみると、この「落花生を使う」風習は、東北地方だけでなく、北海道や、関東地方の一部でも行われているものだそうです。ほっ。

床に落ちたものでも、不衛生ではなく、剥いて食べられる、とか。そもそも産地であった、とか。様々な理由があるそうですが。季節の風習を大切にしたいという気持ちがあれば、きっと豆はどちらでも!

気仙沼でも大豆をおいしく食べている!


しかし、気仙沼の人は、大豆をないがしろにしているのではないか?と誤解されると困る……。
いえ、そんなことは無いんです。なんと、気仙沼でも、大豆を作っているのですよ。
そして、それを使った商品などもありまして。それがこれ!マサキ食品さんの「復興豆腐」。

地元で知る人ぞ知る逸品です。豆が濃くて美味しいお豆腐。気仙沼・階上産の大豆も使っているそうです。(時期によって登米産も使用とのこと。おお。これって、「おかえりモネ」コラボ?)

昨年は、コロナの影響で、残念ながら開催されなかった「目黒のさんま祭」で毎年販売されている、おいしい「すりみ汁」には、このお豆腐が使用されています。
木綿は、水切りが要らないほど、しっかりとした、まめまめしいお豆腐。絹は、なめらかで、濃厚な豆乳を味わっているようなおいしさ。
節分の夜には、おいしい大豆を使ったおいしいお豆腐の料理を家族で囲む、なんていうのもいいかもしれませんね。


そしてもうひとつご紹介。みしおね横丁にある、インドネシア料理のお店「Warung Mahal(ワルンマハール)」さんでは、おいしい「テンペバーガー」がメニューに並んでいます。

ハラル認証の食材や調味料を中心にした、ムスリム向けのお料理は、地元の日本人のお客様にも、気仙沼に多く在住のインドネシアの方々にも人気。
大豆を発酵させて作る「テンペ」が今までもメニューに並んでいましたが、実は、私、こちらのお店のテンペをいただいて、テンペのイメージが変わりました。
以前、スーパーで見かけたものを買ったときには、そのおいしさがあまりピンとこなかったのですが、ワルンマハールさんテンペ料理はおいしいのです!さすがプロ。いろんなお料理にアレンジ出来そうな、優しいお味です。
テンぺを、もっといろんなお店で食べられるようになるといいなと思います。

高タンパク!大豆の栄養素のこと


さて、大豆の栄養素のお話も少しだけ。大豆と言えば、まずは「高タンパク」。
お肉のタンパク質に比べて、低脂肪・低カロリー・高吸収!前回「牡蠣のここがすごい」でも少し触れましたが、人間の身体って、ほとんどがタンパク質で出来ています。
臓器も筋肉も髪も爪も皮膚も血液も・・・。なので、タンパク質を効率的に摂取するということは、健康に生きていくために欠かせないことなのです。
消化吸収も良く、脂肪が少なく、必須アミノ酸をしっかり摂取出来る大豆は、とても優秀な食材!(なのに豆まきに使っていなくてごめんなさい!食べます!食べさせていただきます!)

その他にも、脂質・炭水化物・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンE、ビタミンB1・葉酸・などを含みます。
そして、これも特徴的ですが、ノンコレステロール。女性に嬉しい大豆イソフラボン、抗酸化作用を持つ大豆サポニン、細胞を構成する大豆レシチンなど、大豆ならでは、の機能性成分が満載です。(なのに豆まき……以下略)

健康のために大豆を食べるぞー!って思うと、さて何料理にしようかな?って思いますが、お豆腐や納豆を、美味しくメニューに取り入れることは、楽しく出来そう。我が家では、大豆の水煮缶を、サラダやシチューなどに入れて、簡単においしくいただいています。

節分、2月の気仙沼は、牡蠣も美味しくなりますし、鱈もいい季節になります。寒い日の鱈鍋は最高!今年は「是非遊びに来て下さい」とは、なかなか言えない状況にありますが、ぜひお取り寄せなどで、気仙沼の冬のおいしいものをお試し下さいね。

和絵さんのこれまでの記事はこちら!
↓ ↓ ↓

牡蠣のすごさを知って欲しい!

気仙沼の冬の味覚といえば「海のミルク」と言われる、牡蠣。
栄養が豊富らしい、身体にすごくいいらしい……牡蠣がイイらしいよ、っていうのは多くの方がなんとなく認識しているところだと思います。
が、それはあくまで「なんとなく」……そう、なんとなくそう思っている方も、多いのではないでしょうか。
今年もシーズンインした牡蠣について、実はいまひとつ知られていないその凄さを、牡蠣好きの私が語ってみたいと思います。

何がすごいって、牡蠣は動けないヤツ!


牡蠣って、海の中でじーっとしています。ヤツは動けないのです。
自分でエサを獲りに行けないから、ひたすら海水中の良質なプランクトン類を摂取しようと、海水を吸い込みます。なんとその量は、1日にバスタブ1杯とも言われています。
あの小さな身体で、一日にそこまで海水を取り込む力を備えています。なんて底知れぬ力!
そして、動けない=筋肉(に相当する器官)が、ほぼ無い。ということは、ほとんどが「内臓」。
なので、すみずみまで栄養が蓄えられているのが、牡蠣の大きな特徴なのです。

亜鉛が豊富!(セレンも豊富!)


牡蠣にはミネラルやビタミンが豊富。数多くバランス良く含有されています。
中でも特徴的なのが「亜鉛」。
亜鉛が持つ、免疫を向上させ、細胞を修復させる力が、身体の働きの様々なサポートをしてくれます。
タンパク質の合成にも欠かせません。
肌も爪も髪も、もちろん筋肉や内臓も、人間の身体の殆どはタンパク質で出来ていますので、
病気や疲労によって傷ついたタンパク質を再生させることは、健康にも美容にも不可欠です。

亜鉛だけじゃなく、タウリンも、各種ビタミンも、豊富!


牡蠣はタウリンも豊富です。
「ファイト一発」で有名なタウリンは、疲労回復に良いとされていますが。
コレステロールを減少させる効果があり、血圧上昇を抑えるはたらきもあるので、
高血圧予防にも有効です。

そもそも、ビタミンやミネラルは「これをたくさん摂っていれば良い」というものではなく、
バランス良く様々なものを適量摂っていることが身体に大切なのです(ここ大事)。
牡蠣の素晴らしいところは、この多種ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸他が、バランスよく含まれていること。
今の日本人は、カロリー摂取は十分(過多気味?)、ビタミンとミネラルは食事からの摂取は不足気味ですが、ビタミンはサプリ等で摂取していますが、ミネラルが不足がちの傾向にあります。
そこを補ってくれる素晴らしい食材が「牡蠣」。牡蠣はデキるヤツなんです。

歴史がすごい!


中国、明時代に発刊された医学書「本草綱目」(後に江戸時代の日本でも発刊され、現代の日本の薬学に大きな影響をもたらした書籍)の中には、既に牡蠣が紹介されています。
「煮て食すと虚無感、心理的なわずらいを癒し、身体の調子を整え、丹毒を消し、婦人の血気の流れを良くする。生のまま生姜酢で食すと、丹毒を治し、飲食後の熱を下げ、のどの渇きをいやす。炙って食すると大変美味しく、また肌の色を整え、皮膚の色を美しくする。」(本草綱目 二十三 四十六巻)
という記載があります。
牡蠣が健康にイイ(美容にもイイ!)というのは、500年も前から知られていたんですね♬
ちなみに日本では、縄文時代から、既に食されていたという歴史もあるそうです。
縄文時代の貝塚群には、カキの殻がたくさん出土されているんだそうです。
大昔の人も、身体によくて美味しいものを知っていたんですねー。

そして、おいしい!


こんなに素晴らしい牡蠣。でも何より嬉しいのはおいしいこと。
昔は牡蠣のシーズンは「rの付く月」(9月~4月)と言われていましたが、今は温暖化の影響などもあり、10月くらいからシーズンインすることが多くなりました。さらに生産者さんの御尽力もあり、美味しい生牡蠣を春先5月くらいまで楽しむことが出来るようになりました。
気仙沼でも牡蠣メニューを楽しめるお店が続々。嬉しい悲鳴ですね。
牡蠣のおいしさを楽しむには、様々な料理法がありますが、亜鉛や鉄の吸収率を上げるには、ビタミンCを含む食材(レモン・玉ねぎなど)と組み合わせて摂ることが有効です。


牡蠣フライにレモンたっぷり、はもちろん。牡蠣のレモン風味のバターソテー、牡蠣とブロッコリーの中華炒め(石渡商店さんのオイスターソースを使うと牡蠣パワーがさらにUP?)とか、牡蠣とほうれんそうのグラタン。レモンと玉ねぎをたっぷり使った牡蠣のマリネなんかも良いですね。
貧血や、お肌の荒れが気になる女性などには、特にオススメの食べ方です。ぜひどうぞ。

気仙沼の牡蠣についてもっと知りたい!
↓ ↓ ↓