All posts by writer

気仙沼大島での釣りの楽しさを地元YouTuberがご紹介!

皆さんこんにちは!宮城県気仙沼市を拠点に活動しているYouTuberのアナハゼティです!

釣りや昆虫採集などのアウトドアから気仙沼の魅力を発信しています。

今回は気仙沼観光名所の1つである「気仙沼大島」にて、我々アナハゼティのオススメ観光スポットや魚釣りのポイント・釣り方などを簡単にご紹介します!

1.気仙沼大島とは
2.大島の観光スポット
3.釣りもしてみよう!
4.オススメの釣り場
5.ここに注意!
6.夏こそ気仙沼大島へ

気仙沼大島とは

気仙沼大島とは三陸沿岸に位置する面積8.50平方キロメートルの有人島です。

島の海岸線は海と山に囲まれており、雄大な美しい自然が多く見られます。

気仙沼大島

また大島と気仙沼を結ぶ橋として、平成31年の春に気仙沼大島大橋が開通しました。

全長297mのアーチ型の橋で東日本で一番の長さを誇ります。

橋の開通に伴い、気仙沼市内から車で15分ほどで大島に行けるようになりました。

橋の付け根には駐車スペースもあるので、ぜひ橋を渡ってみてください♪

大島の観光スポット

ウェルカム・ターミナル

大島の玄関口である浦の浜湾に位置する「気仙沼大島ウェルカム・ターミナル」。旬の海産物や農作物が並ぶ直売所をはじめ、カキ・ホタテ・ウニなどをその場で食べれる浜焼きコーナー、浦の浜湾を一望できるテラス席などを完備しています。

四季折々の海産物がその場で食べれる浜焼きコーナーは超人気!

(営業時間は土・日・祝日の11:00〜14:00)

レンタル釣り具や釣りエサも売っているので、手ぶらで来ても魚釣りが楽しめます♪

気仙沼大島

三陸を代表する魚「アイナメ」が活魚で売ってました!

湾内にも40cmを超える大型がいるので、狙って見てください!

亀山展望台

亀山は気仙沼大島の北側に位置する標高235mの山です。

山頂からは大島や気仙沼市内をはじめ、岩井崎や唐桑半島までリアス式海岸の美しいパノラマを一望することができます。

釣り人の皆さんは一度登って、三陸の地形を確認してみることをオススメします(笑)

小田の浜海水浴場

大島東部に位置する小田の浜海水浴場は、半円形のカーブを描いた美しい砂浜を誇る海水浴場です。

奥に見える堤防が気になりますがそれはのちほど…(笑)

今年は新型コロナウイルスの影響で遊泳はできませんが、綺麗な砂浜なので一度立ち寄って見てはいかがでしょうか?!

釣りもしてみよう!

それでは気仙沼大島で釣れる代表的な魚をご紹介します!

気仙沼大島

三陸を代表する人気のターゲット「アイナメ」!

夏場の高水温期は深場に移動しますが、晩秋から冬にかけては産卵のため岸沿いに接岸します。基本的には岸釣りで一年中狙える人気の魚です。

釣り方はワーム釣りをはじめ、初心者ならアオイソメを使ったエサ釣りがオススメです♪

アイナメは大きいもので50cmにもなり、言わずと知れた高級魚ですので、ぜひ狙ってみてください!

初心者にオススメの魚「メバル」。

メバルは群れで行動しているため、数釣りが楽しめる魚です。

サビキ釣りからワーム釣りで釣ることができ、朝・夕方は潮通しの良い堤防の先端、夜は常夜灯周りを探ってみることをオススメします。

たくさん釣れたら唐揚げ、大物が釣れたら煮付けで食べると美味しいですよ♪

ベッコウソイ(タケノコメバル)クロソイ

三陸を代表する2種類のソイです!

ベッコウゾイ(タケノコメバル)は日中に海藻周りやゴロタ、スロープの切れ目などをワーム釣りで狙うとよく釣れます!

クロソイは夜行性ですので、暗くなってからのワーム釣りやサンマの切り身をエサにしたウキ釣りなどで狙ってみてください!

特にクロソイはお刺身やお吸いなどにして食べると美味しいです♪

三陸ということもあり根魚(ロックフィッシュ)をメインに3種類ご紹介しましたが、

他にもサビキ釣りで青物(イワシ・サバ)や夜釣りならサンマの切り身やイカの塩辛をエサにしてドンコ(エゾイソアイナメ)やアナゴなども釣ることができます!

気仙沼大島ブラクリにアオイソメで釣ったドンコ(エゾイソアイナメ)

四季折々のお魚が釣れるので皆様の釣りたい魚を狙ってみてください!

オススメの釣り場紹介

浦の浜漁港

浦の浜漁港には複数の堤防があり、ゴロタやテトラなどの根魚(ロックフィッシュ)の住処があるのが特徴です!

橋が開通する前まではフェリーの航路として使用されていたため、湾中央部は水深が深く、夏場のアイナメを狙うにはオススメです。

また夜には常夜灯がつくので、メバル釣りのポイントとしてもオススメです!

長崎漁港

小田の浜海水浴場から見えた長い堤防です。

海水浴場の近くのため、地形は砂地で日中はカレイや青物(イワシ・サバ)などが釣れます。

夕方から夜にかけては、メバルやドンコ・ソイなども釣れるポイントです。

浦の浜漁港・長崎漁港はどちらも駐車スペース及びトイレが完備されているので、初心者や女性でも安心して釣りをすることができます。

ここに注意!

これだけ多くの釣り場が解放されているので、ルールを守って楽しく釣りをしましょう!

・車は指定の場所に駐車する

・釣り場で出たゴミは持ち帰る

・ライフジャケットの着用

など、釣り人として恥ずかしくない行動をみんなで心がけましょう!

夏こそ気仙沼大島へ

いかがでしたでしょうか?

今回は気仙沼大島の釣りポイントをメインでご紹介いたしました。

他にも休暇村気仙沼大島というキャンプ場やシーカヤックなどの体験型のコンテンツなど気仙沼大島の魅力はまだまだ盛りだくさんです!

夏が好き!海が好き!自然が好き!な人は

この夏こそ!ぜひ気仙沼大島に遊びに来てみてはいかがでしょうか?

夏の最高の遊び場!岩井崎で磯遊びの楽しさを地元YouTuberがご紹介!


皆さんこんにちは!宮城県気仙沼市を拠点に活動しているYouTuberのアナハゼティです!
釣りや昆虫採集などのアウトドアから気仙沼の魅力を発信しています。
今回は気仙沼観光名所の1つである「岩井崎」を舞台に、夏の時期にぴったりの「磯遊び」についてご紹介します!

1.岩井崎とは
2.潮溜まりの魅力
3.観察できる生き物
4.釣りもしてみよう!
5.化石も見つかる?!
6.ここに注意!
7.夏休みの自由研究に!

岩井崎とは

気仙沼湾入り口にある岬で、三陸復興国立公園に指定されています。
波が打ち寄せるたびに潮を吹き上げる「潮吹岩」や、津波で残った松が龍の形に見えることから名付けられた「龍の松」、江戸時代に活躍した気仙沼出身の横綱「秀の山雷五郎銅像」などがあります。

そんな「秀の山雷五郎銅像」を正面に右手を向いてみると・・・

このように岩場が続いております!ここが今回の磯遊びの舞台です。

潮溜まりの魅力

磯遊びにおいてまず欠かせないのが「潮溜まり」!
潮溜まりはタイドプールとも呼ばれ、潮の満ち引きによってくぼみに海水が溜まった場所のことをいいます。
その中には小さな生き物が取り残されていることが多く、色々な生き物を観察出来ることが出来ます。

広大な海と違って潮溜まりは生き物が逃げることもありません。
日向ぼっこをしている生き物をじっくり観察出来ます。

また、ほとんどが浅瀬で膝下くらいしか水深がありません。
しっかりと場所を選べば小さなお子さんでも安全に遊べますし、直接水に入って網ですくってみることも出来るでしょう!

観察できる生き物

こちらはハゼ科の魚。大人になってもあまり大きくならない種類なので、潮溜まりのような浅瀬でよくみることが出来ます。

こちらはアメフラシの仲間。
大きくてブヨブヨで、刺激すると紫色の液を出します。
その液がまるで雨雲がたちこめたように広がることから雨降らし(アメフラシ)と呼ばれるようになったそうです。

こちらはスズメダイの仲間と思われる魚。
実はこの魚は気仙沼ではレア物で、スズメダイ科は一般的に「東北地方以南の沿岸域に分布する」と言われています。東北の寒い冬を彼らは越せないのですね。
ですが夏の暖かい時期になると北上して東北でも見かけることが出来ます。
このように夏に来て越冬出来ずに死んでしまう魚を「死滅回遊魚」と呼びます。
気仙沼では暖かい時期にしか会えない魚ということですね。

釣りもしてみよう!

ここでちょっと変わった面白い遊びをご紹介!
その名も「潮溜まりフィッシング」です!

ホームセンターなどで売っている「のべ竿(竿先にそのまま糸を結ぶ竿)」に、
小さめの針を結び、そこにワーム(疑似餌)を小さくちぎって装着。

魚の目の前でワームをちょんちょん動かしてあげると・・・

やったー!!ハゼちゃんが釣れました!
難しい動きは必要ありませんし、目の前で魚が食べる様を見れるので大人でも夢中になっちゃいます。
私たちのチャンネルでは動画でこの釣りを解説していたりするので、気になる方はぜひ覗きに来てみてください!

▼アナハゼティ動画〈youtubeへリンク〉
https://www.youtube.com/watch?v=MUqIW6QX1Pc&t=431s

化石も見つかる?!

潮溜まりだけでも充分魅力的ですが、岩井崎ではなんと化石も観察出来ちゃうんです!
岩井崎は石灰岩と呼ばれる種類の岩場が並んでおり、その岩場には「古生代ペルム紀」という約2億8千年前の生き物たちが眠っていると言われています。

写真はウミユリの一種と思われる化石。
化石と聞くと見つけるの自体が困難なイメージを持ちがちですが、岩井崎の岩場は注意して見れば至る所で見つけられます。もしかしたらレアな化石も見つかるかもしれませんよ・・!
ちなみにこの化石は宮城県の天然記念物に指定されているため、観察や撮影は可能ですが、採取は禁止となっているのでお気をつけて!

ここに注意

とても魅力的な磯遊びですが、写真のように海藻が付着して滑りやすくなっていたり、急な高波が来ることがあるので安全には充分注意しましょう!
気仙沼の潮を調べて、なるべく干潮時に岩場に向かうと安全かつ、潮溜まりのある状況で遊ぶことが出来ます。

また漁業権に触れるウニなどの海産物の採取はしないように気をつけましょう。
東北地方は少ないですが中には有毒な生物も生息しています。一度潮溜まりに行く前に危険生物をざっと確認して頭に入れておくことをオススメします!

夏休みの自由研究に!

いかがでしたでしょうか。沢山の生き物に化石とロマンの詰まった磯遊び。
小さなお子さんのいるご家庭は、自分で取った生き物を自分で調べて自由研究などでまとめるととても勉強になると思います。
きっと新しい発見がありますよ!それではまた!

初心者でも釣れるの?気仙沼で4月〜7月に釣れる魚を地元の釣りYouTuberが紹介!!

皆さんこんにちは!宮城県気仙沼市を拠点に活動している釣りYouTuberのアナハゼティです!
釣りや昆虫採集などのアウトドアから気仙沼の魅力を発信しています。
今回はそんな我々の地元、気仙沼で4月〜7月に釣れるお魚をご紹介します。釣りのポイントや釣り方なども交えてご紹介しますので、気仙沼で釣りをしてみたいという方の参考にしてください!

1.気仙沼の釣り事情
2.4~7月に気仙沼で釣れる魚!
3.おすすめの釣り場紹介
4.隠れポイント!「ヘチ」
5.釣具屋紹介
6.釣りをしながら観光しよう!
7.釣りの注意点

気仙沼の釣り事情

三陸の海はリアス式海岸と呼ばれる狭い湾が複雑に入り組んでいる地形をしており、山と海が隣接しているのが特徴です。また気仙沼は漁業と水産業が盛んな町で全国に13ある特定第3種漁港の一つでもあります。その為、大型の漁船が気仙沼湾内に停泊できるよう整備されています。
釣り人目線だと大型の船が停泊できる=水深が深いということになります。
遠くに投げなくても足元に落とすだけで魚が釣れちゃうので、釣り初心者にとっても釣りがしやすい環境です。

気仙沼で釣れる魚!

今回は4月〜7月に釣れるお魚にピックアップしてご紹介しますが、実はこの季節が一番多種多様なお魚が釣れる時期でもあります!気温的にも快適に釣りができるので釣りを初めるにはもってこいの季節ですね♪

まずは、三陸を代表するお魚アイナメです!地元では根(岩礁帯)にいる魚で根魚(ネウ)と呼ばれています。
釣り方はアオイソメを使った餌釣りからワーム釣りで狙うことができ、岩礁帯や海藻地帯・ヘチ(堤防の際)などの障害物を狙うと釣ることができます。
50cmを超える大型の個体もいますので、その強烈な引きをぜひ体感してみてくだい。

大きな目が特徴のお魚メバル。春告魚としても知られ、6月頃が一年で一番数もサイズも期待できる時期です。釣り方はエビを使った餌釣りからサビキ釣り・ワーム釣りで狙うことができます。
メバルは群れで行動していることが多く、1匹釣れたら複数釣れることが期待できるので、初心者にオススメのお魚です!
しかし時間帯によって移動するお魚ですので、日中は船の影や堤防の際などなるべく暗い場所を狙って見てください。逆に朝夕の薄暗い時間や夜は広範囲に散ってることが多いので、表層から底まで幅広く探ってみるのがポイントです!

釣って楽しい・食べて美味しいお魚ハゼ。子供から大人まで楽しめる釣りで、筆者の一番好きな釣りでもあります。
ハゼは秋の味覚として知られますが、早ければ6月中旬ごろから釣れ始まります。
釣り方はアオイソメを使った餌釣りが基本で、狙うポイントは海と川の合流点(汽水域)です。
ハゼは毒やトゲもないので小さなお子様が居る家族連れやカップルなどにオススメです!ハゼの天ぷらは臭みもなく絶品ですので、釣った際にはぜひ食べてみてください♪

青物特有の引きが楽しめるお魚サバ。気仙沼湾にも夏の時期に群れで入ってきます。
釣り方はサビキ釣りが一般的で、餌のコマセを撒き餌してサバを寄せて釣ります。
コマセを使用する際の注意点は手が臭くなるので、水汲みバケツやタオルなどは必需品です!サバも群れで回遊してるので、1匹釣れたら数釣りが楽しめますので、大量に釣れたらサバの塩焼きや南蛮漬けなどサバのフルコースを堪能してみて下さい♪

こんな魚も?

ここまでは初心者向けの釣れる魚を紹介してきましたが、4月〜7月はシーバス(スズキ)の釣れる時期でもあります。

気仙沼湾内でも夜の川の河口部や常夜灯周りで釣れるので、シーバスハンターの皆様はぜひ狙ってみて下さい♪

釣り場紹介

アクセスが良くお店やトイレが近くにある筆者オススメの釣り場をいくつか紹介します!
我々が実際にYouTubeで撮影してる場所でもありますので、参考になれば幸いです。

★釣り場ポイント1:魚市場周辺

足元がえぐれている為、投げ釣りで狙うのがオススメ!ところどこにある岩礁帯や海藻地帯を狙うのがポイントです!

★釣り場ポイント2:商工岸壁

ヘチ釣り(堤防の際)から投げ釣りまでなんでもOK!気仙沼湾の入り口なので潮通しがよく青物なども回遊してきます!

★釣り場ポイント3:コノ字岸壁

気仙沼の湾奥に位置する岸壁です。ヘチ釣りでアイナメやメバルが狙えるのに加え、川(鹿折川)にも近い為ハゼやカレイが釣れるのが特徴です!

ここがポイント!

先ほどから何度か出ているキーワード「ヘチ釣り」について解説します!
釣りを始めたてだとどうしても遠くに飛ばしたくなると思いますが、実は足元こそ隠れたポイントなのです!

このように足元の際には海藻が生えていたり、えぐれたりしている場所があるので、まずは手前の見える範囲から探ってみてください!運がよければ餌に食らいつく瞬間が見えるのでエキサイティングですよ♪

釣具屋紹介

お次は気仙沼の釣具屋さんをご紹介します!
釣りエサや仕掛けを購入するのはもちろんのこと、今釣れている魚や、オススメの仕掛けを提案してくれるので、初めての場所に行く時はぜひ立ち寄ってみてください♪

気仙沼河童堂

マルカノー釣具気仙沼店

コンビニにも!?

また内陸の方には珍しいと思いますが、気仙沼のコンビニには釣り具が置いてあるところが多いです(笑)
生き餌も売っているので、夜遅くの釣りでも安心ですね!

釣りをしながら観光しよう!

釣りは移動や待っている時間も楽しいものです。
せっかく気仙沼に来たなら、お昼ご飯や小腹が空いた時に地元のお店に立ち寄って見てはいかがでしょうか?

内湾施設 拓・結

新しく出来たたくさんのお店が集合した施設です。
ちょっと小腹が空いた時に食べられる揚げかまぼこや、スムージー、地元食材など色々なものが売っているので見ているだけでも楽しいですよ!

みしおね横丁

こちらも新しく出来た気仙沼の観光名所です。色んな国の料理からバーや銭湯まで賑やかなトレーラーハウス型の集合店舗です!

気仙沼海の市

地元で水揚げされた魚介類や飲食店、お土産屋さんが並んでいます。

シャークミュージアム
日本で唯一のサメのミュージアムもありますよ!

気仙沼は釣り場とお店がとにかく近いことが魅力です!釣り場を周りながらふらっとお店に入ってひと休憩してみてはいかがでしょうか?

釣りの注意点

東日本大震災から9年経ちましたが、気仙沼湾内はまだまだ復興工事の途中です。
立ち入りできる場所や道路など日々変わってきているので、釣りをする際はご注意下さい。

また釣り人のマナーとして
・釣り場で出たゴミは持ち帰る
・車は指定の場所に駐車する
・漁港(岸壁)を利用する方や、漁師さんの迷惑にならないように十分注意する
・ライフジャケットの着用
など、釣り人として恥ずかしくない行動を心がけましょう!

最後に

これから釣りのハイシーズンを迎える気仙沼。
一年を通してもっとも魚が釣りやすい時期ですので、この機会にぜひ釣りの楽しさを体感して欲しいです。
気仙沼で最高のフィッシングライフを!それではまた!