おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

All posts by 来てけら編集部

出船おくり情報

出船おくりとは、漁に出る船を乗組員の家族や友人、船主、関係者が
航海の安全と大漁を願って岸壁から見送る、気仙沼の行事です。
気仙沼の女将さんが結成した「気仙沼つばき会」のみなさまの取り組みに
より、ご来訪の方々も参加できる行事となっています。
漁船は大漁旗が飾られ、船主の好みの曲などを鳴らしながら出港し、
見送る家族は色鮮やかなテープと福来旗(ふらいき:大漁旗)で
見送るというのが慣例です。
地元が誇る気仙沼ならではの「出船送り」の風景、ぜひご覧ください。
そしてご一緒に航海安全と大漁を祈願してください。

※天候などにより変更になる場合がございますのでご了承ください

●第88福徳丸

日時
5月30日(月) 11:00
出港場所
コの字岸壁 南側
船主/船名
福徳漁業㈱ 第88福徳丸 398t

●第78清福丸

日時
5月30日(月) 11:00
出港場所
カメイ前出港岸壁
船主/船名
(有)浜田漁業部 第78清福丸 449t
お問い合わせ
気仙沼市観光協会 (TEL 0226-22-4560)

気仙沼大島ウェルカム・ターミナル2周年まつり

6月4日(土)・6月5日(日)の2日間、気仙沼大島ウェルカム・ターミナルにて
「気仙沼大島ウェルカム・ターミナル2周年まつり」が開催されます!

当日は気仙沼大島地場産品出荷販売組合による地場産品の販売や、マルシェ、出張トランポリン、
お菓子まきなど様々なイベントが開催されます。

詳細につきましては、画像をご覧ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております!!

チラシPDFデータ

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止になる場合がございます。
※雨天時も開催いたしますが、屋外で行うイベントや出店が中止になる場合がございます。

日時
2022年6月4日(土)・6月5日(日)
会場
気仙沼大島ウェルカム・ターミナル
(宮城県気仙沼市浦の浜151-2)
問い合わせ
気仙沼大島ウェルカム・ターミナル
(0226-28-9253)

出船おくり情報

出船おくりとは、漁に出る船を乗組員の家族や友人、船主、関係者が
航海の安全と大漁を願って岸壁から見送る、気仙沼の行事です。
気仙沼の女将さんが結成した「気仙沼つばき会」のみなさまの取り組みに
より、ご来訪の方々も参加できる行事となっています。
漁船は大漁旗が飾られ、船主の好みの曲などを鳴らしながら出港し、
見送る家族は色鮮やかなテープと福来旗(ふらいき:大漁旗)で
見送るというのが慣例です。
地元が誇る気仙沼ならではの「出船送り」の風景、ぜひご覧ください。
そしてご一緒に航海安全と大漁を祈願してください。

※天候などにより変更になる場合がございますのでご了承ください

●第78豊進丸

日時
5月20日(金) 11:00
出港場所
気仙沼コの字岸壁 東側
船主/船名
池田水産(株) 第78豊進丸 439t
お問い合わせ
気仙沼市観光協会 (TEL 0226-22-4560)

2022年気仙沼DMO視察プログラム参加者を募集します

2022年 6月8日(水)~6月9日(木)

気仙沼DMO視察プログラム

  • ツアー

6月8日(水)に開催する気仙沼観光推進機構令和4年度事業方針説明会、およびその翌日の視察対応プログラム「気仙沼での取り組み説明・意見交換」についてお知らせいたします。

【テーマ】気仙沼市の地域経営(マーケティングとブランディング)を学ぶ
【日程】 令和4年6月8日(水)~6月9日(木)
【場所】 宮城県気仙沼市
【費用】 視察プログラム【現地参加:限定30名】 一泊二日 朝食付き 17,000円(1名)
* 宿泊施設は気仙沼プラザホテルもしくは、サンマリン気仙沼ホテル観洋になります(1室1名利用です)。
* 当日までに気仙沼クルーカードアプリのご登録をお願いします。受付の際に1,000ポイントを付与させて頂きます(市内132店舗でご利用頂けます)。
* 上記以外の飲食代、また、行程内の交通費は個別での清算になります。

スケジュール

■1日目 6月8日(水)

視察プログラム事前説明

時間
13:30~14:30
講師
山田桂一郎 気仙沼観光推進機構 アドバイザー
気仙沼地域戦略 事務局長 小松志大
集合場所
まちひとしごと交流プラザ(PIER7)3階研修室 (気仙沼市南町海岸1−11)

気仙沼観光推進機構 令和4年度事業方針説明会

時間
15:00~17:00
内容
第一部
事業方針説明 気仙沼観光推進機構代表 菅原 茂
令和3年度気仙沼市の観光動向(気仙沼地域戦略)
令和4年度事業方針説明
方針①「旅の目的となる商品開発・販売 (気仙沼地域戦略)
方針②「エリア別アプローチ強化とリピート化促進」 (気仙沼地域戦略)
方針③「教育旅行ならびにエージェント経由の一般団体・個人の誘客営業の実施」(気仙沼市観光協会)
方針④「観光施設整備の推進と効果の最大化」 (気仙沼市観光課)
第二部
パネルディスカッション
観光庁観光地域振興部観光資源課長  星 明彦
気仙沼観光推進機構 代表  菅原 茂
気仙沼観光推進機構 副代表 菅原明彦
気仙沼観光推進機構 アドバイザー 山田桂一郎(モデレータ)
挨拶 気仙沼観光推進機構副代表 加藤 宣夫

* 説明会終了後宿泊施設へのチェックインをお願いします。18:30より「nineone」にて懇親会を予定しております(会費7,000円)。

 

■2日目 6月9日(木)

気仙沼におけるDMO等の取り組み説明・意見交換(現地視察対応プログラム)

時間
10:00~12:00
内容
前日の振り返り、質疑応答、意見交換
講師
気仙沼観光推進機構 アドバイザー山田桂一郎
気仙沼地域戦略 事務局長 小松志大
集合場所
気仙沼「海の市」2階コミュニティスペース(気仙沼市魚市場前7-13)

オプションプログラムのご案内

●6月9日(木) 13:00~15:00 牡蠣養殖体験 9,800円 11名限定(最少実施人数 4名)
幾度も津波の被害を受けながらも、立ち上がり「海とともに」生きてきた漁師たちが育てる牡蠣は、加熱しても縮まりにくく、とびきりの大きさ・濃厚さを誇ります。体験では、実際に乗船し漁場を見学しながら、牡蠣を通して海と山のつながり、漁師の生業を知ることが出来ます。
*集合場所:気仙沼市魚市場前7-13 海の市2F(集合場所から体験場所へ車の移動があります)

●6月9日(木) 7:00~7:50  魚市場見学 1,500円(お土産付き)
気仙沼らしさNo.1観光スポット! 「気仙沼市魚市場」のガイドサービスをご紹介!気仙沼の魚市場は、日本中から漁船が入港し、水揚げされた海産物が全国に出荷される場所です。“少しの早起きと少しの運”この2つで、気仙沼が誇るカツオやメカジキの数々が見れるかも!!素敵な1日の始まり、心地よい潮風と共に“魚市場散歩”はいかがですか♪
*集合場所:気仙沼市魚市場前7-13 海の市2F

【感染症対策について】
・体温の測定、うがい・手洗い、原則マスクの着用、体調不良時の申告などご協力をお願いします。

気仙沼クルーシップ
ご滞在中のお食事&お買い物は気仙沼クルーカード加盟店をご利用ください!!気仙沼の取り組みを肌で感じて頂く機会にもなります。
気仙沼クルーカード加盟店:https://crewship.net/

■募集締め切り
令和4年6月6日(月)
・当社が予約承諾書の旨を通知した翌日から起算して5日以内に代金をお支払いください
・ご期間内に入金が確認できない場合は予約がなかったものとします(振込料は、お客様負担です)
・ご期間内に入金ができない場合はご相談下さい。当日の支払いも可能でございます

▽キャンセルについて
1人あたりの料金
●旅行開始の前日からさかのぼって7日~2日前 旅行代金の30%
●前日 旅行代金の40%
●当日 旅行代金の50%
●当日無連絡 旅行代金の100%

【申し込みについて】
申込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
お問い合わせ
気仙沼市観光協会
E-mail
k-kanko@k-macs.ne.jp
電話
0226-22-4560

 

企画・実施・申込 (一社)気仙沼市観光協会
〒988-0037宮城県気仙沼市魚市場前7-13
TEL 0226-22-4560 FAX 0226-22-9280宮城県知事登録旅行業 3-388
国内旅行業務取扱管理者 熊谷 俊輔
旅行業務取扱管理者とはお客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。
旅行実施可能範囲 気仙沼市・一関市・陸前高田市・南三陸町・登米市
気仙沼観光推進機構令和4年度事業方針説明会を開催します

気仙沼観光推進機構は、令和4年度事業方針説明会を開催いたします。

気仙沼観光推進機構は、「観光で稼げる地域経営」と「地域経済の循環拡大」をめざし、行政や観光、産業、経済団体などが一体となって平成29年4月に設立されました。
設立5年目となる令和3年度は、三陸沿岸道路の全線開通や、NHK連続ドラマ「おかえりモネ」の放送など、気仙沼市にとって明るい話題があった一方で、長引く新型コロナウイルス感染拡大の影響により、飲食・宿泊事業者を中心に市内経済への影響が続いた一年でもありました。

気仙沼クルーカード、観光ポータルサイト「気仙沼さ来てけらいん」(当サイト)など、気仙沼DMOにおける「ALL気仙沼」として市内5組織(気仙沼市役所、気仙沼市観光協会、気仙沼商工会議所、本吉唐桑商工会、気仙沼地域戦略)で取り組んできた事業のご報告をするとともに、令和4年度に重点的に取り組む4つの事業についてご説明いたします。より多くの方にとって気仙沼の観光について一緒に考える機会としていただければ幸いです。

多くの方にご参加いただける内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、会場参加可能人数を限らせていただきます。
定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。
当日はyoutube配信を使ったオンライン配信を同時開催いたします。
オンラインでのご参加もご検討ください。

気仙沼観光推進機構 令和4年度事業方針説明会

日付
令和4年6月8日(水)
時間
15:00~17:00
内容
第一部 気仙沼観光推進機構 令和4年度事業方針説明会
(1)令和3年度 気仙沼市の観光動向
(2)気仙沼観光推進機構 令和4年度事業方針説明
第二部 パネルディスカッション
観光庁 観光地域振興部観光資源課 星 明彦 課長
気仙沼観光推進機構 代表 菅原 茂 気仙沼市長
気仙沼観光推進機構 副代表 菅原 昭彦 気仙沼商工会議所 会頭
気仙沼観光推進機構 アドバイザー 山田 桂一郎(モデレータ)
参加料
一般:500円(資料代として)、気仙沼クルーカード会員:無料
定員
60名 ※定員に達し次第締め切り
場所
気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ(PIER7)軽運動場
(〒988-0018気仙沼市南町海岸1番11号)
主催
気仙沼観光推進機構

【申込みについて】 ※会場参加をご希望の方のみお申込みが必要です。
参加者の氏名、事業者名、連絡先(電話番号)、クルーNo.(クルーシップ会員の方)を明記の上、こちらの申込みフォームからお申し込みください。※Googleフォームへリンクします

<< 申込に関するお問い合わせ先 >>
TEL:0226-22-4560 / FAX:0226-22-9280 / MAIL:k-kanko@k-macs.ne.jp
※申込期限 令和4年6月6日(日)まで
※定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。締め切り後は、オンラインでのご参加をご検討ください。

市外事業者向けの有料視察プログラムについてはこちらのページからお申込みください。
https://kesennuma-kanko.jp/20220608dmostudy0609/

【オンライン参加について】
・申込み不要
・参加費無料
・youtubeライブ配信
※配信URLは6月6日(月)正午にこちらのページにてご案内いたします

【投影資料とアンケートについて】
資料のダウンロード、アンケートの回答はこちら
※説明会終了後にご覧いただけます

【感染症対策について】
・うがい・手洗い、原則マスクの着用、体調不良時の申告などご協力をお願いします。
・感染症の状況によっては内容変更の可能性がございます。

【駐車場について】
会場向かい側にあります市営の観光駐車場をご利用ください。(3時間まで無料)

【問合せ】 気仙沼市観光サービスセンター
TEL:0226-22-4560 / MAIL:k-kanko@k-macs.ne.jp

【中止】第33回気仙沼天旗まつり

予定しておりました「第33回気仙沼天旗まつり」ですが、
雨天により中止が決定いたしました。
楽しみにされていた方、申し訳ございません。

「気仙沼天旗まつり」が令和元4年5月22日(日)午前10時から
南運動広場(新気仙沼中央公民館隣り)で開かれます。※強風・大雨のときは中止
今回は「凧揚げを楽しもう 天旗に願いをのせて」を
テーマにサンマやカツオなどの連凧も揚げ、大空を水族館にします。

ご来場先着でよく揚がる凧をプレゼント!
※糸巻代200円のみご負担ください。
みなさん、是非お越しください。

天旗まつり
天旗まつり

日時
5/22(日) 10:00~
場所
南運動広場(新気仙沼中央公民館隣り)
駐車場
市営駐車場
主催
気仙沼凧の会
お問合せ
気仙沼凧の会事務局 三浦 (電話090-2025-4393)

ちらしダウンロード

道の駅「大谷海岸」

道の駅「大谷海岸(おおやかいがん)」は、震災から10年の節目となる2021年3月28日11時30分、これまで仮設店舗営業を続けていた同駅をリニューアルしてオープンしました!
道の駅のテーマは「オール気仙沼」。気仙沼産の食材や物産品が多数並び、気仙沼の魅力を伝える商品を揃えています。
そんな道の駅 大谷海岸の産直コーナーやレストラン、施設内の特徴についてご紹介いたします。

産直コーナー


天井が高く広い店内には、新鮮な野菜や海鮮、気仙沼の海産物を使って生産された商品が並びます。

いけすもあり、新鮮な魚がたくさん!漁師さんから直接仕入れている魚も並びます。

「オール気仙沼」をテーマに取りそろえた物産品は、どれも気仙沼自慢の逸品です。

駅長おすすめ! 大谷海岸道の駅土産5選


こちらは駅長おすすめ、大谷海岸のシンボル「マンボウ」をデザインにあしらった商品や、地酒など、お土産にもぴったりの商品です。ここでしか手に入らない限定商品もありますので、お見逃しなく!

道の駅大谷海岸 レストランウミココ



飲食スペースでは、地元の新鮮な海鮮をはじめとした料理を楽しむことができます。
気仙沼極上バラ寿司やメカジキの旨みでコク深い味わいの『気仙沼カレー』など、丼ものや定食メニュー、麺類も取り揃えています。
隣には、コーヒーやソフトクリーム、サメかつバーガーなど手軽なスナックフードを提供しているHAMACAFEも。

観光情報コーナーとプロジェクションマッピング


観光情報コーナーでは、スタッフが常駐しており、気仙沼・旬のおすすめ観光スポットグルメ情報、街の新しい話題などもご案内しています。また、壁面に設置された大きな液晶パネルには、気仙沼の豊かな自然や町の映像を放映しています。是非お気軽にお立ち寄りくださいね。

産直コーナーとレストランをつなぐ通路には、震災前の道の駅で愛されていた、巨大な水槽で飼育していたマンボウがプロジェクションマッピングで復活し、みなさんをお出迎えします。画面に近づくにつれ集まってくる魚たちと、耳をすますと聞こえてくる波の音をお楽しみください。

太平洋を一望!大谷海岸は目の前


海が良く見えるように配置され、大きなガラス張りの建物内からは、至る所から目の前に広がる太平洋が一望できます。2階の屋外デッキには、テーブルとイスが設置されているので、スナックフード片手に海を眺めるのもおすすめです。

また、産直コーナーの天井を大きくわたる木材や格子壁など、建物内には宮城県産の木材が多く活用されており、温かみのある空間です。海のまち気仙沼の建物だけあって、産直コーナーと飲食スペースをつなぐ魚の骨のような回廊になっており、建物内でも海の要素が表現されています。

目印はマンボウ


道の駅 大谷海岸の目印は、看板にも大きく表示されているとおり「マンボウ」。建物内には外壁に大きく設置されているだけではなく、こんなところにも、あんなところにもマンボウが隠れています。ぜひ、探してみてくださいね。

大谷海水浴場

道の駅大谷海岸の目の前には、大谷海水浴場があります。広い砂浜があり、家族連れや団体でも気軽に海を楽しむことができます。

■遊泳期間
2021年7月17日(土)〜8月22日(日)
9:00〜16:00
※変更となる場合もあり。
■施設
シャワー(100円で3分間利用)/更衣室/トイレ/監視員
■駐車料金
協力金、普通車1台500円、大型車1,000円、二輪車200円(約200台)※16:30閉鎖
■お問い合わせ
0226-25-7388(本吉町観光協会)
■住所
気仙沼市本吉町三島94-11
■アクセス
車:大谷海岸ICから車で1分程度
バス:JR気仙沼線BRT(バス高速輸送システム)大谷海岸駅下車、徒歩1分程度

そのほか、気仙沼の海水浴場についてはこちらのリンクをご覧ください。
https://kesennuma-kanko.jp/beach-open2021/

 

道の駅 駅長からひとこと
「この場所に来るとワクワクする」といった声が聞こえるようになり、大変嬉しく思っています。
レストランや、ファストフードの方にも、ここでしか食べられない特色のあるメニュー構成を心がけています。また、漁師さんが直接魚介類を出荷できる、全国的にも珍しい取り組みを行っており、水産加工品もたくさん取り揃え、品揃え豊かにお待ちしています。全国への発送も可能です。ぜひ気仙沼の美味しいものをお買い求めいただき、発信していただけると嬉しいです。
住所
宮城県気仙沼市本吉町三島9番
アクセス
【車でお越しの方】
三陸自動車道大谷海岸ICから2分
【バスをご利用の方】
・JR気仙沼 BRT(バス高速輸送システム)
最寄りバス停:大谷海岸
時刻表
営業時間
9:00〜18:00 ・産直市場9:00~18:00 カフェテリア10:00~16:00 ファストフード9:00~16:00
駐車台数
90台
海を車で渡って行く大島ドライブ

気仙沼大島大橋ができてから、ぐっと行きやすくなった気仙沼大島。海の上にかかる橋を渡って、新しくできた産直に寄ったり、ビーチに行ったり、景色の良い亀山に登ったり、気持ちの良い時間を過ごすことができます。

<気仙沼の南側観光コース>
海の上を渡る気仙沼大島大橋
お土産購入や休憩ができる施設「野杜海(のどか)」
海でのビーチコーミングも楽しい小田の浜
亀山に登って気仙沼湾を一望

▶2021年大島島内の交通案内
https://kesennuma-kanko.jp/oshima_traffic_guide/

海の上を渡る気仙沼大島大橋


本州と気仙沼大島を結ぶ橋として,平成31年の春に完成した気仙沼大島大橋。鶴亀大橋の愛称でよばれるこの橋は,全国でも珍しい大型のアーチ橋です。橋の長さ(アーチ支間長)は297mと東日本で1番。全国でも,愛媛の大三島橋とならび3番目の長さを誇ります。海の上を渡るような気分でドライブすることができ、橋を渡りきった大島側に駐車場と、小さな展望台があるので、記念撮影もぜひ。

お土産購入や休憩ができる施設「野杜海(のどか)」


カフェや鮮魚店など5店舗が集まり、2019年7月にオープンした「野杜海(のどか)」は、敷地内に広がる芝の「野」と、島の緑をイメージさせる「杜」、大島の海からとった「海」にちなみ名づけられました。

すべてのお店でコンセプトにしているのが「地産地消」。魚介はもちろんのこと、野菜や特産の柚子など、地元食材を生かしたグルメを楽しめるのが最大の魅力です。

海でのビーチコーミングも楽しい小田の浜


小田の浜海水浴場は緑の真珠・大島の東部にあり、半円形のカーブを描いた美しい砂浜を誇る海水浴場です。かつては環境省選定の「快水浴場百選」で特選(全国2位)に入るなど、美しい景観と水質環境は高い評価を受けていました。2020年は、海開きをしていませんが、ビーチを散歩したり、ビーチコーミングなどは可能なので、気軽に海沿いの気分を楽しんでみるのもおすすめです。

亀山に登って気仙沼湾を一望


亀山は大島の北側に位置する標高235mの山です。山頂の展望台からは、気仙沼市内や、岩井崎方面をはじめリアス海岸の大パノラマが広がり、天気の良い日は金華山まで望むことができます。屋上にはレストハウスがあり、景色を楽しみながら軽食をとったり、お土産を購入したり出来ます。
レストハウス前の広場では、2021年6月5日(土)から1年間、ジャズナンバー「アメリカンパトロール」が流れます。 これは、連続テレビ小説「おかえりモネ」の第13話で、ヒロインの永浦百音が同級生とともに演奏した曲。ドラマ用にアレンジされたこちらの音源が、フルサイズで聴けるのはこの企画が初めて! 気仙沼の景色と劇中の音楽で、舞台地・気仙沼ならではの「モネの世界観」をお楽しみください!
※放送日時は亀山レストハウスの営業時間に準じます。
レストハウス営業時間はこちら

自然の豊かな大島は、夜には星空も美しく輝きます。宿泊できる施設もあるので、気仙沼連泊の方は、大島と他のエリアを組み合わせて宿泊するとまた違った雰囲気を楽しめると思いますよ。

▶島内で食事を楽しむならこちらの記事がおすすめ

2022年GW期間の休館日のお知らせ

気仙沼市内の観光施設、ゴールデンウィークの休館日をお知らせいたします。(2022年4月30日確認時点)

観光施設

気仙沼
「海の市」
GW期間は無休
≫≫ 気仙沼「海の市」の詳細はこちら
気仙沼
さかなの駅
無休
≫≫さかなの駅の詳細はこちら
気仙沼
お魚いちば
無休
≫≫お魚いちばの詳細はこちら
東日本震災
遺構・伝承館
【休館日】2021年5月9日(月)
≫≫東日本大震災遺構・伝承館の詳細はこちら
リアス・アー
ク美術館
【休館日】2021年5月2日(月)、6日(金)、9日(月)
≫≫リアス・アーク美術館の詳細はこちら
観光サービスセンター
無休
【問い合わせ】0226‐22‐4560
気仙沼駅前
観光案内所
無休
【問い合わせ】0226-22-4669
唐桑半島ビジターセンター
【休館日】2022年5月6日(金)
【問い合わせ】0226-32-3029
階上観光協会
(塩づくり体験館)
【休館日】2022年5月2日(月)、5月6日(金)
【問い合わせ】0226-27-5410
大島ウェルカム・ターミナル
無休
【問い合わせ】0226-28-9253
道の駅
大谷海岸
無休
【問い合わせ】0226-44-3180
モ〜ランド・
本吉
【休館日】5月6日(金)
【問い合わせ】0226-43-2468
鹿折金山
資料館
【休館日】5月6日(金)
【問い合わせ】0226-29-5008
大谷鉱山
歴史資料館
【休館日】5月6日(金)
【問い合わせ】0226-44-3180(本吉町観光協会)
気仙沼バル2022

特設ページはこちら!

各店舗のメニュー内容やイベントのタイムスケジュール、チケットの購入方法については、以下特設ページに掲載しています。ぜひご覧ください!
https://kesennuma-kanko.jp/kesennumabar2022/

気仙沼バルとは?

気仙沼バル実行委員会では、気仙沼市内51店舗(4月末現在)の参加店を対象に、2022年5月23日(月)~28日(土)の6日間にわたって「気仙沼バル2022」を開催します。

期間中、参加店舗が、自慢の一品とワンドリンクのセットや物販商品をバルメニューとしてご用意し、皆さんをお迎えします。3枚つづりのチケットを購入し、1つのお店で食べ飲みしたらまた次のお店へと「はしご」!
「前から気になっていたお店に入ってみたい」「いつもと違うエリアを開拓したい」「複数店をはしごしてお得に食べ飲み歩きしたい」そんな飲食好きの方にもお楽しみいただけるイベントです。

2013年から「食でつながる 街がつながる 笑顔がつながる」をテーマに、気仙沼市内の仮設商店街が連携して開催してきた「気仙沼バル」。各店舗が再建した今は、参加店を巡るスタイルに変わりました。気仙沼市外からの来訪も徐々に増え、バル期間中の市内の飲食店は盛り上がりを見せます。コロナ禍で2年ほど開催が見送られましたが、今年こそは楽しい話で盛り上がりましょう!

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、予告なく中止する場合があります。

期間
2022年5月23日(月)~28日(土)
チケット料金
・3枚綴りチケット前売り3,000円、当日3,300円。
(気仙沼クルーカードアプリで購入の場合は、当日チケットも3,000円)
※販売開始時期は4月下旬から。
チケット購入場所
バル参加店舗、気仙沼「海の市」2階観光サービスセンター、気仙沼駅前観光案内所。気仙沼クルーカードアプリで購入可。
お問い合わせ先
一社)気仙沼地域戦略 TEL:0226-25-7115
気仙沼バルSNS
facebook : http://www.facebook.com/kesennumabar/
Twitter : @kesennumabar
気仙沼ベイクルーズ運航開始のおしらせ

碧い海、爽やかな風・・・大島~唐桑をめぐるひととき・・・

美しい大島大橋の下をくぐり、唐桑側の湾を巡る約50分間の船旅。
潮風を受けながらウミネコへの餌やり(かっぱえびせん)は
お子さんに大変喜ばれる体験です。

貴重な船のひとときをぜひ皆さまでお楽しみください。

ゴールデンウイークがいよいよ明日からスタートし、
4月29日(金)から5月8日(日)まで連日運航予定となっております。

本年度は気仙沼航路、大島航路共に増便し少しでも
お客様の利便性に応えられるような運航スケジュールに変更致しました。

更には本年から、神社仏閣巡りではお馴染みの御朱印の船バージョンである
「御船印」を全国第66番社として認定されましたので、
皆さまも”一等航海士”や”船長”の称号を目指して是非集められては如何でしょうか。

皆さまのご乗船を心よりお待ちしております。

遊覧船

運航日
令和4年 GW
4/29(金) , 30(土) , 5/1(日) , 2(月) , 3(火)
4(水) , 5(木) , 6(金) , 7(土) , 8(日)
↓以降の運航予定はこちら
http://oshimakisen.com/time-table/
出航時間
【気仙沼発着コース】所要時間50分
①10:00発 ②11:10発 ③13:00発 ④14:10発 ⑤15:20発
【大島発着コース】所要時間40分
①10:00発 ②11:00発 ③12:00発 ④13:30発 ⑤14:30発 ⑥15:30発
※定員があり、ご希望の時間に乗船できない場合がございますのでご了承ください。
お時間に間に合うようお早めにお集まり願います。
料金
【気仙沼発着コース】
大人 1,600円 (中学生以上)/小人 800円 (小学生)
【大島発着コース】
大人 1,400円 (中学生以上)/小人 700円 (小学生)
※小学生未満の方は大人(家族・親戚)と一緒の場合は無料。幼児のみの乗船は不可。
※家族・親戚以外のグループ・団体で乗船される場合は、1名まで無料で人数分小人料金がかかります。
詳しくは大島汽船(0226-23-3315)までお問合せください。
チケット
販売場所
【気仙沼発着コース】
 大島汽船(株)チケット販売所 (0226-23-3315)
 ※9:00~16:30
 〒988-0018 気仙沼市南町海岸1-11
 気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ(ウマレル)1F
【大島発着コース】
 大島汽船臨時発券所(080-1856-2145)
 ※9:30~15:20
 〒988-0605 宮城県気仙沼市浦の浜363
 浦の浜(ミヤコーバス バス停)付近
お問合せ
大島汽船株式会社 (0226-23-3315)
※9:00~16:30
〒988-0018 気仙沼市南町海岸1-11
気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ(ウマレル)1F
HP
大島汽船株式会社

[ 遊覧船発着場所 ]
●気仙沼発着コース

●大島発着コース 浦の浜付近

[ 駐車場 ]

気仙沼発着コースは『気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ(ウマレル)』1階の屋内駐車場、または、道路を挟んだ向かい側の気仙沼市観光駐車場をご利用ください。

大島発着コースにも十分にありますので、臨時発券所の職員にお尋ねください。

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館 ゴールデンウィークイベント

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館にてゴールデンウィークイベントを開催します。

/
チラシ

◆企画展示「いわて三陸沿岸のいま」

日時
4/29(金・祝)~5/8(日) 9:30~17:00
場所
エントランス(受付前)
料金
無料
共催
東日本大震災津波伝承館 いわてTSUNAMIメモリアル

◆来館記念写真撮影「未来につなぐメモリアルフォト」 ※両日先着30組

日時
4/29(金・祝)・4/30(土) 9:30~16:00
場所
伝承館正面入り口
料金
無料 ※入館時に撮影し退館時に現像してお渡しします。

◆こどもの日イベント「1日こども館長」 ※事前応募制

日時
5/5(木・祝) 9:30~12:00(9:15集合)
場所
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館
料金
無料
内容
任命式の参加、来館者の出迎え、館内巡回、メディア対応等

◆語り部イベント「みんな語り部」

日時
5/7(土)・5/8(日) 9:30~16:00
場所
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館
料金
無料 ※別途入館料

◆発表VTR放映「けせんぬま伝承・防災文化祭VTR放映」

日時
4/29(金・祝)~5/8(日) 9:30~16:00
場所
研修室B
料金
無料

※イベントの参加はすべて無料ですが、伝承館の見学は別途入館料が発生します。
※イベントのスケジュールや内容は予告なく変更・中止になる場合がありますので、予めご了承ください。

お問合せ
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館
住所
〒988-0246 宮城県気仙沼市波路上瀬向9-1
TEL
0226-28-9671
公式HP
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館

CHEERS
唐桑オルレコース散策 潮風編~地元ガイド同行で楽しく歩いて体力づくり!

2022 GW特集☆
唐桑オルレコースを地元ガイドと歩いてみよう!
タラソウォーク&オルレ弁当付きの健康ツアー☆

▽開催日
令和4年4/29(金), 5/3(火・祝), 5/14(土), 5/22(日)

▽集合場所
唐桑半島ビジターセンター 
9:45集合 15:00解散。
(〒988-0554 気仙沼市唐桑町崎浜4-3 TEL 0226-32-3029)

▽募集人数
各回10名(先着順・最少実施人数4名)
※希望日をお選びください。

▽体験料金
4,800円(オルレ弁当代、ガイド料、保険代含む)

▽申込方法
締切日・・実施日のそれぞれ5日前(16:00まで)
申込方法・・専用の用紙またはFAX、電話にて気仙沼ツーリズムへお申込みください。

▽申込・問合せ
気仙沼ツーリズム合同会社
〒988-0084 気仙沼市八日町2-2-13
(受付時間 10:00~16:00)
TEL 0226-23-1511
FAX 0226-25-7875
宮城県知事登録旅行サービス手配業第29号
気仙沼ツーリズム合同会社HP

▽気仙沼ツーリズムとは
●健康をテーマにした歩行体験です。
ウォーキングや休養プログラム、カロリーや塩分などに配慮した、ココロに
もカラダにもいいツアーです。
●昼食は、地元食材を生かした弁当です。

▽スケジュール
9:45 唐桑半島ビジターセンター 集合
10:00 検温・健康チェック
10:30 御崎灯台 地層の話を聴く
11:15 神の倉津波石 津波の脅威を知る
12:30 昼食
14:00 半造潮吹き岩
15:00 唐桑半島ビジターセンター 解散

▽ご協力のお願い
①参加前に検温など感染防止対策を実施します。当日体調が悪い、発熱などの症状がある方は参加をご遠慮ください。イベント中はソーシャルディスタンス確保にご協力ください。
②定期的な手指の消毒とツアー中車内ではマスクの着用をお願いします。
③水分補給や常備薬の用意など、参加のお客様ご自身での用意をお願いします。
④天候の状況により車で移動する場合があります。

※詳細はチラシをご確認ください。
チラシのPDF版はこちら。

▽協力
(一社)気仙沼市観光協会
気仙沼ヘルスツーリズム協議会
唐桑観光ガイドの会

CORVO
DINING BAR HALU

本文にテキストを入力するとこのように表示されます

気仙沼みなとでマルシェ。GWの開催です!

\5月1日(日) 5月の気仙沼みなとでマルシェ。は5月1日に開催しま~す!!/

気仙沼らしいご飯や食材、物販が勢揃い!
ご家族や友だち、恋人と、みなとまち気仙沼の朝市で活気ある朝をお過ごしください!

いよいよ暖かくなってきましたね~、春本場お花も次々咲いてきましたね~。
さて、5月の気仙沼みなとでマルシェ。は、ゴールデンウィークど真ん中の開催です!

なお、今年の開催は3.13、5.1、7.17、9.18、11.6の予定です!カレンダーに書き込んでおいて下さいね~👍

出店情報です(4月10日現在)
*内容等変わる場合がありますご了承願います。
〇飲食
・武山米店(のりもち、米屋のおこわも販売します:季節限定『ほやおこわ』です〜!)
・和sian cafe アイマキ(タイ料理、焼き菓子など)
・自然卵のクレープ(クレープ〈焼き菓子〉)
・Cheers(気仙沼ホルモン、気仙沼ホルモン焼きそば、スペアリブなど)
・カフェ・ド・カレーKOJIKA(イベント限定メニュー:とろけるチーズキーマカレー)
・HAIJI(薪窯米粉ピッツァ&パン)

〇物販
・aqua labo kesennuma(サメの歯のキーホルダーをはじめ、気仙沼らしいハンドメイドの雑貨屋)
・i chi go~エステハーブよもぎ蒸し&リトミック教室~(ハーブリーディング®・よもぎ茶・ハーブよもぎ雑貨・女性の身体にやさしい商品たち)
・こんたでぃーの遠野(野菜、加工品、乳製品)
・Laugh(ハンドメイド作品・洋服・雑貨・型抜きなど)

〇マッサージ
・Shivaga(タイマッサージ)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下の内容で対策ご協力をお願いいたします。
【気仙沼みなとでマルシェ。感染症の対策について】
お客様へのお願い:検温・手指消毒、原則マスクの着用、体調不良時の来場自粛。
会場の対策:密にならないレイアウト、消毒液の設置と定期的な消毒、上記感染症対策の会場での呼びかけ。
また、感染症の状況によって開催日や内容等変更となる場合があります。

*画像はイメージ(前回開催時の画像)です

*みしおね横丁はリンク先をご参照下さい(画像をクリックしてください)!

各店舗の情報はFBページでも紹介しております!是非「いいね」を押して最新情報をゲットしましょう!!→ 気仙沼みなとでマルシェ。FB


日時
5/1(日) 8:00-14:00
場所
みしおね横丁(気仙沼市魚市場前4番5号)
主催
気仙沼みなとでマルシェ。実行委員会
HP
気仙沼みなとでマルシェ。Facebook
メール
kesennuma.marche@gmail.com
気仙沼大島を散策する、日帰り旅

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のふるさと、
気仙沼大島を散策する、日帰り旅。
地元ガイドと共にゆかりの地を巡ります。

▽開催日
令和4年5月4日(水・祝)

▽集合場所
大島ウェルカム・ターミナル 8:50集合 12:00解散。
(〒988-0605 気仙沼市浦の浜151-2 TEL 0226-28-9253)

▽募集人数
15名(先着順・最少実施人数2名)

▽体験料金
3,000円(ガイド料、保険代含む)
*オリジナルグッズプレゼント付き

▽申込方法
締切日・・4月28日(木)16:00
申込方法・・専用の用紙またはFAX、電話にて気仙沼ツーリズムへお申込みください。

▽申込・問合せ
気仙沼ツーリズム合同会社
〒988-0084 気仙沼市八日町2-2-13
(受付時間 10:00~16:00)
TEL 0226-23-1511
FAX 0226-25-7875
宮城県知事登録旅行サービス手配業第29号
気仙沼ツーリズム合同会社HP

▽気仙沼ツーリズムとは
・健康をテーマにした歩行体験です。
ウォーキングや休養プログラム、カロリーや塩分などに配慮した、ココロに
もカラダにもいいツアーです。

▽スケジュール
8:50 気仙沼大島ウェルカムターミナル 集合
9:00 検温・健康チェック
9:20 田中浜・みちびき地蔵 砂浜・廃船
10:10 大島神社 参拝
10:30 亀山 360度の展望台
12:00 大島ウェルカムターミナル 買物・解散

▽ご協力のお願い
①参加前に検温など感染防止対策を実施します。当日体調が悪い、発熱などの症状がある方は参加をご遠慮ください。イベント中はソーシャルディスタンス確保にご協力ください。
②定期的な手指の消毒とツアー中車内ではマスクの着用をお願いします。
③水分補給や常備薬の用意など、参加のお客様ご自身での用意をお願いします。
④天候の状況により車で移動する場合があります。

※詳細はチラシをご確認ください。
チラシのPDF版はこちら。

▽協力
(一社)気仙沼市観光協会
気仙沼ヘルスツーリズム協議会
大島ウェルカムターミナル

健康ウォークin気仙沼内湾~楽しく歩いて元気になろう!

こどもの日スペシャル☆ファミリー大歓迎☆

健康をテーマにした、気軽なトレッキングです。
地元のガイドが同行し、まちの暮らし、歴史、震災の様子、三陸ジオパークなどについて楽しくご案内いたします。

▽開催日
令和4年5月5日(木・こどもの日)

▽時間
※要予約 現地集合9:45
10:00 海の市集合・出発
    復興祈念公園折り返し、
12:30 海の市 解散

▽集合場所
海の市

▽募集人数
30名(先着順、最少実施人数4名)

▽体験料金
【一般】一人1,000円
【小・中学生】無料
(ガイド料、保険代含む)
※当日頂戴します。
※未就学児も無料です。
小学生以下のお子様のご参加は、保護者同伴でお願いいたします。

▽案内コース
9:45 海の市集合 
10:00 海の市出発~漁船係留岸壁~Kポート~観光桟橋
11:10 復興祈念公園~プラザホテル前
12:30 海の市着

▽申込方法
締切日・・4月30日(土)
申込方法・・専用の用紙またはFAX、電話にて気仙沼ツーリズムへお申込みください。

▽申込・問合せ
気仙沼ツーリズム合同会社
〒988-0084 気仙沼市八日町2-2-13
(受付時間 10:00~16:00)
TEL 0226-23-1511
FAX 0226-25-7875
宮城県知事登録旅行サービス手配業第29号
気仙沼ツーリズム合同会社HP

※詳細はチラシをご確認ください。
チラシのPDF版はこちら。

▽主催
気仙沼ヘルスツーリズム合同会社

▽協力
(一社)気仙沼市観光協会

半造園地deマルシェ

5月5日こどもの日に景勝地、巨釜半造(おおがま・はんぞう)の半造園地広場にて、マルシェを開催します。
焼き鳥やわたあめ、手づくりパンなどの飲食店やマッサージに手作り雑貨、お子様も楽しめるワークショップまで、各地から18店舗ものお店が大集合!
ガイドの案内で半造をめぐるプチオルレも行います。
入場無料ですのでぜひ皆様お誘いあわせの上お越しください!
お待ちしております。

【半造園地deマルシェ】

とき:2022年5月5日(木)こどもの日 10:00~15:00

ところ:半造園地広場(気仙沼市唐桑町小長根264-2)

気仙沼お出かけスポット

気仙沼に初めて訪れたとき、おすすめの観光スポットをご紹介します。港町の雰囲気も感じながら、気仙沼ならではのおいしいもの、楽しい場所、素敵な風景に触れてみてください!

1.グルメもお土産も海も、気仙沼をまるっと堪能!気仙沼内湾地区

徒歩でも巡ることができ、グルメ、お土産、さらに海も眺めることができる、まさに一石三鳥のお出かけスポットが集まる、気仙沼内湾地区。その魅力の一端をご紹介します!

1-1. 海を望むビュースポット!4つの商業観光施設が集まる「ないわん」

気仙沼市内湾地区に整備された4つの商業観光施設「迎(ムカエル)」「結(ユワエル)」「拓(ヒラケル)」「創(ウマレル)」。

▼みなとまち散策「散策MAP」をゲットするならコチラをcheck!

内湾地区のシンボル「創(ウマレル)」気仙沼市の中心部内湾地区のシンボルとして整備され,市民一人一人が主体的にまちを創造していく起点となるスポットである公共施設「創(ウマレル)」。海側に設けられたデッキや展望ラウンジからは気仙沼湾が望め、椅子に掛けてゆったりと海を眺めることができます。

グルメもショッピングも「迎(ムカエル)」

洋食レストランや和食店、カフェなどの飲食店の他、サメ革専門店、衣料品店が入っており、グルメやショッピングが楽しめます!海側に設けられたテラスからは気仙沼湾が一望でき、気仙沼らしさを感じれる場所の1つです。

歩いてハシゴしたい商業施設「拓(ヒラケル)」


鮮魚·惣菜販売店、クラフトビール醸造所、フレッシュジューススタンドの3店舗が並び、シアター設備を備えるコミュニティホールも併設。

スローストリート「結(ユワエル)」


雑貨やカフェ·飲食店が並ぶ通りで「拓(ヒラケル)」の向かいにあります。

1-2. 歴史かおるエリア「風待ち地区」

気仙沼湾最奥部にある内湾地区である「風待ち地区」は、港を出る帆船が船出に適した風を待ったためにこう呼ばれるようになりました。風待ち地区には多彩な歴史的建造物が数多くあり、100年以上の歴史を持つ酒店、米店、陶器店など、東日本大震災から再建された施設が並びます。登録有形文化財にも登録される建物たちは、そのデザインも魅力的。古典様式風や伝統和風、看板建築、モダニズム、和洋折衷と、魅力的な建造物を眺めながら散策を楽しんでみませんか?

▼伝統的な切妻桟瓦葺の土蔵風の造り「角星」を詳しくcheck!

▼港町のランドマーク的西洋風建築「男山本店」を詳しくcheck!

▼創業大正5年の魚問屋「小野健商店」を詳しくcheck!


▼大正期を彷彿とさせるモダンな和洋風建築「三事堂ささ木」を詳しくcheck!

▼扇型の敷地に合わせた珍しい造り「武山米店·炊飯博物館」を詳しくcheck!

▼「車を使わずに巡れる!地元御用達グルメ食べ歩きコース」を詳しくcheck!

1-3. 食べ物も気仙沼お土産も欲張りたい!「紫市場商店街」

東日本大震災時、周辺の住民が商店街の裏手にある紫神社に避難して助かったことから、この商店街の名前が付けられた「紫市場商店街」。
気仙沼ならではの新鮮な海産物を活かした料理が楽しめる飲食店や、お菓子屋、Bar、気仙沼グッズ店など様々なジャンルのお店が集まっています!

▼紫市場商店街の詳細はココからcheck!

2.気仙沼の海を体験しつつ、お土産をGETするならココ!「海の市」

気仙沼市魚市場に隣接した三陸の海の幸が出そろう観光物産施設「海の市」。1階には、気仙沼港で水揚げされる魚介類やそれらを使った水産加工品などが並ぶ商店や飲食店、-20℃の氷の世界を体感できる「氷の水族館」、2階には観光サービスセンターや日本で唯一のサメのミュージアム「シャークミュージアム」があります。

2-1. 気仙沼港で水揚げされる新鮮な魚介·グッズ「お土産」

「海の市」内には気仙沼や三陸で水揚げされた新鮮な魚介類や加工食品、地元の食材を使用したお菓子、気仙沼市観光キャラクター「ホヤぼーや」グッズなど、お買い物スポットが10店舗。飲食店、テイクアウトOKのグルメスポットが5店舗集まっています。ここに来れば気仙沼が満遍なく味わうことができます!

季節ごとの海鮮が並ぶお店では、鮮度抜群の魚介類を産地直売価格でゲットできちゃいます!店頭からの全国発送やお取り寄せにも対応してくれるので、購入後も身軽で移動できてとても便利です。

2-2. 日本で唯一のサメのミュージアム「シャークミュージアム」

フカヒレで有名な気仙沼はサメの水揚げ日本一!昔からサメと深いつながりのある気仙沼ならではの、サメの生態だけでなく気仙沼の人々が育んできた海との絆を学ぶ体感型ミュージアムです。

▼「シャークミュージアム」詳しくはコチラからcheck!

2-3. -20℃の氷の世界を体感「氷の水族館」

イルミネーションやプロジェクトマッピングで照らされた氷の世界!マイナス20度の空間には、気仙沼港で実際に水揚げされる80種類·450匹の魚たちが展示されています。豊富な水揚げ量を誇る漁業·水産業が盛んな気仙沼では、水揚げした魚介の流通に欠かせない氷屋の製氷技術が活きています。そんな世界を氷の水族館で一緒に感じてみてはいかがでしょうか!(防寒着無料貸し出しあり)

▼「氷の水族館」詳しくはコチラからcheck!

3.全国でも珍しい大型のアーチ橋「気仙沼大島大橋」と豊かな自然「気仙沼大島」

本州と気仙沼大島を結ぶ橋として2019年に完成した気仙沼大島大橋。橋の長さ(アーチ支間長)は297mと東日本で1番!全国でも、愛媛の大三島橋とならび3番目の長さを誇ります。白く凛とした佇まいと存在感で、現在では気仙沼湾の新たなランドマークとして市内のいたるところから望むことができます。

気仙沼大島大橋も完成し、ますます注目高まる気仙沼大島。気仙沼の中心部から気仙沼大島の玄関口にある「大島ウェルカムターミナル」と、集客施設「野杜海(のどか)」までは車で15分ほど。ドライブで清々しい風を感じながら、自然豊かな島の魅力を感じられる大島まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼気仙沼大島大橋を渡る大島へのアクセスはコチラをcheck!
https://kesennuma-kanko.jp/oshimahashi_access/

3-1. 気仙沼大島の玄関口「気仙沼大島ウェルカム·ターミナル」


美しい自然に囲まれ「緑の真珠」と称される気仙沼大島!その玄関口である浦の浜湾に位置する「気仙沼大島ウェルカム·ターミナル」は、旬の海産物や農産物が並ぶ販売スペースや浜焼きコーナー、浦の浜湾を眺めながら寛げるテラス席、イベントなどにも利用できる多目的スペースなどを備える施設です。

販売スペース·浜焼きコーナーでは牡蠣やワカメ、ホヤ、ウニなどの四季折々の海産物や農産物、特産の椿を使用した手工芸品など、大島ならではの地場産品が並びます!
多目的スペースでは大型モニター、無料Wi-Fiを完備するフリースペースもあり、イベントなど、様々なシーンで活用できます。

隣接する商業施設「野杜海(のどか)」では、カフェや鮮魚店など5店舗が集まり旬の地元食材をふんだんに使ったグルメを味わうことができます。

▼「気仙沼大島ウェルカム·ターミナル」基本情報はココからcheck!

3-2. 自然豊かな島の恵みを存分に味わう贅沢時間

「気仙沼大島の『島ごはん·島カフェ』」
おいしい地元食材を使った、大島ならではの「島ごはん」、ゆったりとした贅沢な時間を過ごせる「島カフェ」をご紹介します!

「島ごはんcheckスポット」

□ 何種類も豪勢に盛られた「鶴亀丼」が大島らしい!「はま家」
□ 地産地消の絶品フード「青と緑の茶や haru」
□ 嬉しいサービスいっぱいのラーメン屋さん「麺酒庵 こまつ」
□ お店とのコミュニケーションも楽しい魚屋さん「魚研」

▼「島ごはん」お店情報はココからcheck!

「島カフェcheckスポット」

□ 小さな喫茶店でクリームソーダを。「うつわと喫茶 Nagame」
□ 特産のゆずを使った手作りスイーツ「KISSAKO 風カフェ」
□ 地元料理とスイーツが楽しめる「キッチン*花Fe HATOBA」

▼「島カフェ」お店情報はココからcheck!

4.日の出の名所でもある岩井崎

気仙沼湾の入り口に位置する岩井崎(いわいさき)は、三陸復興国立公園の最南端にあり、日の出の名所としても親しまれています。

▼「岩井崎で磯遊び」をcheck!

4-1. ダイナミックに潮を吹き上げる「潮吹岩(しおふきいわ)」

岩井崎の岬の先端には、海蝕洞の岩孔に波が打ち寄せるたびに潮を吹き上げる潮吹岩があります。波が荒い時には、長い年月をかけてギザギザに削られた岩の割れ目からクジラの潮吹きのようなダイナミックに潮を吹き上げる光景を見ることができます!ダイナミックな自然の営みを感じられる景勝地の1つです。

▼「潮吹岩」詳しくはコチラをcheck!

 

4-2. 復興のシンボル的存在「龍の松」

岩井崎の先端部に立つ龍(辰)の形をした松。これは東日本大震災の津波によって幹や枝などが被害を受けながらも、奇跡的に一部が残ったことで姿を現したものです。高さ約2.5m、幹周り約1.7mで、大きく曲がった幹と折れた枝が、まるで龍が昇る姿に見えることから「龍の松」と名付けられました。

▼「龍の松」詳しくはコチラをcheck!

5.港町ならではの日常風景に触れる

気仙沼は港町。街中から海が近いのはもちろん、岸壁に漁船がずらりと並んでいたり、船を見送る風習があったりと、ここでしか見られない景色を感じてください。

5-1. 大型漁船がずらり!「漁船係留風景」


遠洋マグロ漁船の船籍数·国内有数を誇る気仙沼港では、多数の大型漁船の係留風景を見ることができます。多くの漁船が港を覆い尽くすように係留している風景は圧巻!

気仙沼の漁業を支える漁船は、獲る魚によって船の種類も様々です。港に停泊している船のそれぞれの特徴を知って、どの漁の船か見分けることが出来ると、お土産話が増えますよ!

お問い合わせ先/漁船係留風景
所在地 宮城県気仙沼市港町一帯
℡ 0226-22-4560(気仙沼市観光サービスセンター)

5-2. 航海の安全·大漁を願う「出船おくり」

港町ならではの風景の1つに、航海の安全や大漁を願い漁に向かう大型船の出港を5色のテープなどで盛大に見送る「出船おくり」があります。

出船おくりとは、漁に出る船を乗組員の家族や友人、船主、関係者が航海の安全と大漁を願って岸壁から見送る、気仙沼の行事のこと。漁船には大漁旗が飾られ、船主の好みの曲などを鳴らしながら出港します。
見送る家族は色鮮やかなテープと福来旗(ふらいき:大漁旗)で見送る、地元が誇る気仙沼ならではの「出船送り」の風景。現在は観光で訪れた方も参加できる行事となっています。一緒に航海安全と大漁を祈願し、気仙沼ならではの風景に出会ってみませんか?
※天候などにより変更になる場合がございます

お問い合わせ先/出船おくり
℡ 0226-22-4560(気仙沼市観光協会)