おかえりモネの舞台
気仙沼へのアクセス

気仙沼市の地域経営(マーケティングとブランディング)を学ぶ

気仙沼DMO視察プログラムについて

お知らせ 2019/05/07

5月25日(土)~5月26日(日)

気仙沼DMO視察プログラム

  • ツアー

5月25日(土)に開催する気仙沼観光推進機構報告会、およびその翌日の視察対応プログラム「気仙沼での取り組み説明・意見交換」についてお知らせいたします。

気仙沼観光推進機構報告会

5月25日(土)
16:00~18:00 気仙沼観光推進機構報告会
場所:気仙沼プラザホテル 飛天
料金:無料
市内公的5組織(気仙沼市役所、気仙沼観光コンベンション協会、気仙沼商工会議所、本吉商工会、気仙沼地域戦略)が戦略策定と意思決定、役割分担を明確にすることで、地域で稼ぐためのしくみと体制のあり方を総会の実績報告からリアルに学びます。
*アドバイザーとして、山田桂一郎様(観光カリスマ)、沢登次彦様(じゃらんリサーチセンター長)にご出席を予定頂いております
*19:00~ 気仙沼海の市リアス・キッチンにて山田氏との懇親会を予定しております。参加ご希望の方は申込書に記入願います。(懇親会費は別途)
*宿泊の手配も可能です。希望の方は別紙一覧を確認のうえ申込書に希望のホテルを記入願います。

DMO等の気仙沼における取り組み説明・意見交換(視察対応プログラム)

5月26日(日)
*当日は、気仙沼海の市にて「気仙沼みなとでマルシェ。」が開催されます(8:00~)世界に開かれたみなとまちらしい多国籍な飲食を準備しているので、ご朝食をこちらで如何でしょうか?
*魚市場は休みの為水揚げを見ることはできません。ご了承願います。
10:00 ~ 12:00 DMO等、気仙沼での取り組み説明・意見交換(視察対応プログラム)
場所:内湾PIER7 ウマレル2階会議室(南町海岸1-11気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ2F)
料金:5000円(1名あたり)
*山田桂一朗氏、森成人氏から説明予定
内容については下記のとおりとなります。
「気仙沼版DMO構築の経緯と、今後の発展を視野に入れた顧客データベースシステムによるマーケティングとブランディングの取り組みなどを説明。
観光振興を基軸とした交流人口増加による地域内消費と市民の地元内消費の両方を増加させると共に域内経済循環と市民のQOL向上も同時に実現する「地域経営」へのチャレンジについて学ぶ場となります。」
12:00 ~       終了後解散

気仙沼の体験アクティビティ「しごと場・あそび場ちょいのぞき気仙沼」
以下の日程で気仙沼の体験アクティビティ開発の取り組み「ちょいのぞき気仙沼」の実施をしております。詳細とお申し込みは「ちょいのぞき気仙沼」のWEBからお願い致します。
ちょいのぞき気仙沼:https://cyoinozoki.jp/

5/25(土) 10:00~13:00 八瀬学校そば打ち体験(昼食付)
*会場が中心部から離れているため、レンタカーのご利用を推奨します
5/25(土) 15:00~16:00 -10℃の氷の世界に潜入!氷屋探検
*報告会場と体験場所が徒歩10分となっていますので、ギリギリではありますが参加可能です(移動時間も加味しているため50分ごろに終了予定です)。なお、報告会のお席は準備しておきますのでご安心下さい。
5/26(日) 10:50~13:00 オリジナルいかの塩辛づくりに挑戦!
※それぞれに体験料が異なります。詳細はリンク先HPでご確認ください。

気仙沼クルーシップ
また、ご滞在中のお食事&お買い物は気仙沼クルーカード加盟店をご利用ください!!気仙沼の取り組みを肌で感じて頂く機会にもなります。
気仙沼クルーカード加盟店:https://crewship.net/

ツアー申込み用紙のダウンロードはこちら

申込用紙(Excel)
申込用紙(pdf)

申込用紙にご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。

E-mail
k-kanko@k-macs.ne.jp
FAX送信先
0226-22-9280

 

企画・実施・申込 (一社)気仙沼観光コンベンション協会
〒988-0037宮城県気仙沼市魚市場前7-13
TEL 0226-22-4560 FAX 0226-22-9280宮城県知事登録旅行業 3-388
国内旅行業務取扱管理者 熊谷 俊輔
旅行業務取扱管理者とはお客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。
旅行実施可能範囲 気仙沼市・一関市・陸前高田市・南三陸町・登米市