〝冬メカ〟気仙沼でしか味わえない極上メニュー

特集 2018/11/16

メカジキの醍醐味を楽しめるのは特に10月〜3月の〝冬メカ〟。
メカジキのおいしさをより多くの人たちに知ってもらうため、気仙沼の料理人たちは新たなメニューづくりに取り組みました。〝メカしゃぶ〟〝メカすき〟は和食の親方たちが技術を出し合い共同で開発した、気仙沼おすすめのとっておきグルメです。冬季限定の極上メニューを気仙沼でご賞味ください。

1.気仙沼のメカジキ
2.メカしゃぶ(メカジキのしゃぶしゃぶ)
3.メカすき(メカジキのすき焼き)
4.メカしゃぶ・メカすきの食べれるお店

気仙沼はメカジキ水揚げ日本一



世界三大漁場の一つである気仙沼。一年を通して多種多彩な水揚げを誇りますが、その量が連続日本一を記録している魚の一つが「メカジキ」。地元の人たちにとって昔から身近で、特別な海の味覚です。
特に10月~3月に水揚げされる〝冬メカ〟は、その実にたっぷりと脂を蓄えており、切った包丁がすぐに使い物にならなくなるほど。濃厚なうまみを楽しむことができます。

メカしゃぶ

軽く火を通して素材の素晴らしさを体感


メカしゃぶは冬メカの美味しさをダイレクトに感じる料理ゆえに、肉質の良さが決め手。煮立ったダシに薄造りの身を潜らせるのは、ほんの数回が限度。細かな繊維が浮き立ち、余分な脂も洗い落とされます。水菜や人参の千切りなどを適量巻き、酸味穏やかなポン酢をつけて味わうと、きめ細やかなしっとりとした舌触りとお刺身とは違うあっさりとした味わいが楽しめます。

このお酒と楽しんでみてはいかが?

メカしゃぶの繊細な味わいにふさわしいのは、角星の「水鳥記 特別純米」。
ほどよい酸味と甘み、透明感ある飲み口が、この料理が特別なものだと教えてくれます。

メカすき

寒い冬にお勧めの一品


「魚の身を使ったすき焼きはいろいろあるけど、メカジキが一番おいしいよ」と評するのは、「唐や」店主の吉田ケイイチさん。老舗割烹で腕をふるった経験を持ち、日本料理の技を凝らしながら、地元ならではの味覚でもてなす店主は、メカジキの肉質と上品な脂のりを計算しながら、具だくさんのすき焼き鍋を作りました。やや濃いめで甘辛い割下(わりした)が煮立ち、メカジキの白い身を染め上げるようになったら食べ頃のサイン。生卵にたっぷりからめて口に運べば、豊かな旨みと香りがこの上ない満足感で満たします。

このお酒と楽しんでみてはいかが?

鍋に取り合わせたいのは、男山本店の「蒼天伝 大吟醸」。
繊細かつエレガントな味わいは、食材それぞれが持つ香気を引き出し、より印象深く演出します。

メカしゃぶ・メカすきの食べれるお店


メカしゃぶ

お店
気仙沼新富寿し
営業時間
11:30~14:00、17:00~21:00
定休日
月曜定休
所在地
気仙沼市東新城1-13-3
お問い合わせ
電話:0226-23-7475

 

メカすき
お店
星岡義山亭
営業時間
11:30〜14:00(L.O.13:30)、17:00〜21:30(L.O.21:00)
定休日
月曜定休
所在地
気仙沼市田谷16-21
お問い合わせ
電話:0226-24-8810

 

こちらのお店でも食べれます

唐や
tel:0226-24-1525 気仙沼市上田中1-8-4
旬の味 こうだい
tel:0226-24-8337 気仙沼市南町1-1-9
すし処鮨智
tel:0226-24-9220 気仙沼市田中前4-3-4
星岡義山亭
tel:0226-24-8810 気仙沼市田谷16-21
宮登
tel:0226-22-0285 気仙沼市田中前1-5-2
鮨処 えんどう
tel:0226-42-3351 気仙沼市本吉町津谷新明戸200
おだづまっこ
tel:0226-24-0205 気仙沼市神山2-2
カネト水産
tel:0226-25-8535 気仙沼市魚市場前7-13
ゆう寿司
バイパス店
tel:0226-22-2263 気仙沼市赤岩石兜32-14
楽膳
tel:0226-24-5456 気仙沼市田谷20-5ムラカミビル2F