龍の松

岩井崎の先端部に立つ龍(辰)の形をした松は、東日本大震災の津波によって幹や枝などが被害を受けたものの、一部が奇跡的に残ったことで姿を現したものです。高さ約2.5m、幹周り約1.7mで、大きく曲がった幹と折れた枝が、まるで龍が昇る姿に見えることから「龍の松」と名付けられました。その後大震災から時が経ち、傷みが激しく一時は枯死状態となりましたが、復興のシンボルとして長く保存する為の加工が施され、平成28年に現地に設置されました。

お問い合わせ先
0226-27-5410(気仙沼市階上観光協会 )
所在地
宮城県気仙沼市波路上岩井崎1-1
駐車場情報
30台