鹿折金山資料館

奥州藤原氏の都・平泉の黄金文化を支えたとも伝えられる鹿折金山。明治時代には国内十大金山の一つに数えられ、日本の近代化に貢献しました。明治37年に採掘された後、米国セントルイス万国博覧会に出展、称賛された“モンスターゴールド”は重さ約2.25kg、金含有量約83%の怪物金でした。平成24年10月にリニューアルオープンした資料館では、この巨大な金塊の写真のほか、当時の金鉱石、工具、文献などを展示、金山の歴史の一端を紹介しています。

お問い合わせ先
0226-29-5008(鹿折金山資料館)
所在地
宮城県気仙沼市上東側根14
営業時間
10:00~16:00
定休日
火曜日
料金
無料
駐車場情報
10台