神の倉の津波石

東日本大震災の津波によって海中から浜(磯辺)に打ち上げられたと見られる石が「津波石」です。地元の漁師さんによって発見されました。石の大きさはいずれも高さ3m以上で、大きいものは高さ約6m幅約5m。周囲の岩場と違って、白っぽい色をしています。津波の威力を直に目で確認でき、手で触れることができる貴重な震災遺構です。

お問い合わせ先
0226-32-3029(唐桑町観光協会)
所在地
宮城県気仙沼市唐桑町