10/6(土)

市民洞窟巡検 (龍神窟・管絃窟の探検)

日本洞窟学会第44回大会を気仙沼市で開催いたします。
あまり知られてはいませんが、気仙沼市には約30の洞窟(石灰洞)があります。
気仙沼湾最奥部の神明崎にある管絃窟のように洞窟の一部が海水面下に沈んだ珍しい洞窟や
内部が多くの鍾乳石で飾られた龍神窟などがあります。
市民の皆様にこれら2つの洞窟内部を見ていただき、
洞窟に親しんでいただくきっかけとなるよう、
また洞窟学や地球科学などへの関心を高めていただけるよう、
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

10月7日(日)14:00~16:00には気仙沼中央公民館3階会議室で
「気仙沼市の水中鍾乳洞:その生い立ちから将来像まで」と題して
日本古生物学会会員 荒木英夫氏、
日本洞窟学会副会長・東北大学大学院理学研究科助教 山田 努氏による
市民講演会も開催されます。

学会大会開催期間中(10月6日午後~8日午前)に、中央公民館1階ロビーでは
気仙沼市で産出した化石の展示や洞窟写真展も行います。

洞窟探検

日時
10/6(土)  ※荒天の場合は中止することもあります。
第1回目(定員10名程度) 9:30頃~11:00頃 (受付開始9:00)
第2回目(定員10名程度) 12:00頃~13:30頃 (受付開始11:30)
第3回目(定員10名程度) 14:30頃~16:00頃 (受付開始14:00)
当日集合場所
神明崎五十鈴神社境内西側の旧駐車場
参加費
大人(中学生以上)1,000円/小学生500円 ※保険代・資料代として
参加対象
気仙沼市民ほか(ただし、ハシゴの昇降、狭洞部の通過、ゴムボートへの乗り降りに際して、特別な補助を必要としない方に限ります。中学生以上の方は1人での参加が可能ですが、小学生(ただし10歳以上)は保護者が同伴する場合に限って、参加可能となります。)
申込期間
9/28(金)までの土日祝日を除く8:30~17:15。 
(ただし、定員になり次第受付を終了します)
服装/持ち物
長袖長ズボン(つなぎ服が最適です。作業着など汚れてもかまわない服装でも構いませんが、腹ばいになったときに腰や腹が露出しないようにしてください。また、岩の角に服が引っかかることがありますので、裂けやすい素材は不向きです。)、手袋、長靴、ヘルメットとヘッドランプ(お持ちの場合はご持参ください。お持ちでない場合は貸し出します)。膝当て(お持ちであれば)。
申込み/お問合せ
気仙沼市教育委員会生涯学習課(気仙沼市魚市場前1-1 中央公民館2F)
TEL0226-22-3442/FAX0226-23-0943
E-Mail:kyosho@kesennuma.miyagi.jp
※日本洞窟学会第44回大会(宮城県気仙沼市大会)に関するお問合せは、
日本洞窟学会第44回大会(宮城県気仙沼市大会)実行委員会事務局まで
電子メールアドレス kesennuma.speleoconf@gmail.com
HP
日本洞窟学会第44回大会(宮城県気仙沼市大会)

申込用紙