安波山

気仙沼湾と市街地を一望できる標高239mの山です。「航海の安全と大漁を祈願する」という由来から名付けられた、港まち・気仙沼のシンボルの一つで、気仙沼を紹介する映像では必ずと言っていいほどここからの眺めが使われます。
古来中国の「風水思想」で重なる山並みを龍脈と呼んでいたことにちなみ、山の5合目には、龍をイメージとした「安波山公園」が整備されています。公園の入口では2頭の龍が出迎え、「りゅうの階段」、「ひのでのてらす」、「ほしのてらす」など、登山道にも仕掛けが施され、緑豊かな憩いの公園として親しまれています。

<安波山からみた初冬の気仙沼湾>

<安波山からみた初日の出>

お問い合わせ先
気仙沼観光コンベンション協会 0226-22-4560
所在地
宮城県気仙沼市町裏
駐車場情報
20台